検索
  • realna

アピアランスチェック

こんにちは、リアルナです。

本日はビジネスマナーの基本であり

最重要項目である“アピアランス”についてお話しします。


アピアランスとは、

主に接客・サービス業界で用いられるビジネス用語で意味は“身だしなみ”。


人の第一印象は2秒で決まると言われていることからも、

“見た目”の重要性が分かりますよね。


■イケメン&イケジョは関係ない

顔ではなく、大事なのはまとう“雰囲気”。

顔だと好き嫌いが出てしまいますが、

“仕事が出来そうな雰囲気”“信用できそうな雰囲気”の認識はある程度共通ですから。

初対面で『この人になら任せても大丈夫そう』と思ってもらえるのは

大きなアドバンテージです。

以下の点に注意して、自分自身のアピアランスを振り返ってみましょう。


■清潔感・上品さ・控えめ

身だしなみのチェック項目を上げるとするなら

服装・髪型・化粧・爪・表情・姿勢・香りなど。

いずれも清潔感・上品さ・控えめを意識しましょう。

あなたにバッチリ似合うファッションとビジネスにふさわしい恰好は

少し違うかもしれません。

身だしなみは、社内外に向けた自身のプレゼンテーションですから、

デキルビジネスパーソンの雰囲気を演出しましょう。


【服装】

シャツやスーツにはシワがないかチェック!過度な露出はマイナスイメージです。

【靴】

磨きましょう。自分が思っているよりも見られています。

【髪型】

表情がはっきりと分かる、スッキリとした頭髪。

染髪は会社規定にもよりますが、男性は黒色・女性は黒もしくは明るすぎない茶色が

どの世代の方からも印象が良いです。

【化粧】

男性は肌荒れや乾燥に注意!女性も上品さを意識したメイクが好ましいです。

顔に意識がいってしまう濃いアイメイクや眉毛はビジネスシーンでは悪目立ちします。

【爪】

ネイルカラーをするなら薄ピンク〜ベージュ系。

カラーをしなくても、指先まで手入れが行き届いていることが大切です。


ビジネスシーンに適したアピアランスは、

自制心と自己表現能力・セルフマネジメントに

長けた人材と相手からみなされます。(特に年輩の方)。

あなたがお客様だったらどんな人に仕事を任せたいですか?

世間で話題になっている社長ほど、質素で“普通”だったりしませんか。

鏡の前で今一度、アピアランスチェックを行なってみてください。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

体験型の研修カリキュラムの立案を行ないます。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 SNSシリーズの第三弾! SNSに限らずですが、 “個人”ではなく“企業”の看板を背負って発言するときに注意するべきこと。 営業や商談にも通じる、NGワード&NGトークをご紹介していきます。 ■放送禁止用語 人格・人権を損なう言葉や肉体的・精神的な侮蔑の言葉を避けるのはもちろんのこと、 職業差別用語というものが放送禁止用語の中には多く含まれています。 例えば、看護婦やO

こんにちは、リアルナです。 三が日もあけ、少しずつ頭も身体もオフィシャルモードに戻していきましょう! 今回も、昨年末から続くSNSシリーズの第二弾。 今や、猫も杓子もSNS?!という時代ですが、 そもそも企業として『SNSをやるべきか否か』という根本的なお話しをします。 「同業他社がやっているから」「無料でPR・集客ができるから」と手を出しがちですが、まずは一旦立ち止まって。必ずしもSNSをやるこ

こんにちは、リアルナです。 今や若年層に限らず、幅広い年代で日常的に使われているSNS。 商品・サービスの認知拡大やブランディングなどに対して、 SNSが効果を発揮する機会は多く、 企業にとってSNS活用は欠かせないものとなっています。 今回は、そんなソーシャルメディアを本格活用する前に! 一度確認してほしい、注意事項をお伝えします。 広報担当やSNS担当の方は要チェックです! ※今回お伝えするS