検索
  • realna

アンコンシャス・バイアス(後編)

こんにちは、リアルナです。


3月に入り、期末で忙しいという方も多いのではないでしょうか。

知らず知らずにうちに、険しい顔になっていませんか。

“笑顔にブランクなし”です!組織の雰囲気を良くしてパフォーマンスを上げるために、

『アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)』の後編をお伝えします!


■アンコンシャス・バイアス(アンコン)に取り組む5つの効果


・リーダーが自覚的を持って適切に対処することで、マネジメントの質が向上

・あらゆるハラスメントの予防・防止に効果的

・アンコンが合言葉となった職場は、インクルーシブな状態になる

・様々な属性の社員が、その人らしく能力を最大限発揮し、活躍できる

・組織の持続的な成長や業績向上につながる土壌が形成される


アンコンに取り組むことは、組織のダイバーシティ&インクルージョン(平等に機会を与えられる状態)を推進し、成長するためのチャンスとなるのです。

いつでも、どこでも、誰にでも起こりうる、『アンコンシャス・バイアス』

まずは、自分自身に「思い込み」や「きめつけ」がないか、自己認識を深めることが第一歩です。


■アンコンシャス・バイアスに対処する3ステップ


アンコンへの取り組みを組織に浸透させるためには、専門的なトレーニングが有効です。

トレーニングは「知る」「気づく」「対処する」という3ステップに添って行なわれます。


「知る」「気づく」というステップは、マインドセット(習慣化を促す考え方の枠組み)の形成に役立ちます。アンコンは言語化されにくく、自分自身だけで気づくことはたいへん困難です。そのために、まずはアンコンとは何かを「知った」うえで、自身の日頃の行動に潜むアンコンに「気づく」ことが重要になります。


アンコンを「知り」、自身の言動を顧みて「気づく」ことで、

アンコンを取り扱うマインドが形成されます。

マインドが形成されて、はじめてアンコンに「対処できる」ようになるのです。


アンコンのトレーニングを導入する際には、

ターゲットと目的、ゴールを明確にし、細かなプログラムを設計することが重要です。

非常にセンシティブな題材だけに、社内人材でトレーニングを展開する場合、

管理職や役員など上位職が持つバイアスをあぶりだすことが難しいかもしれません。

豊富な知見を有する専門家への相談など、外部リソースを活用する方が、

感情的な緊張関係が生まれることなくスムーズに進むのではないでしょうか。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

各種研修カリキュラムの立案が可能です。

全てのビジネススキルには、ポイントとテクニックがあります。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。 昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。 東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、 従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。 コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、 Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、 一般化していくことが予想されます。

リモトラ~新入社員研修~

こんにちは、リアルナです。 2020年初頭から世界中を震撼させている新型コロナ。 日本においても、“緊急事態宣言”と“まん延防止等重点措置”を繰り返し、 『ウィズコロナ』を視野に入れざるを得ない状況にあります。 ウィズコロナ時代の新しい日常「ニューノーマル」は、 オンラインを活用したリモートワークが主流に。 一般的なビジネスマナーに加え“オンラインでの立居振舞”の習得が、 新入社員に求められるよう

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。 今回は今、ビジネスシーンで重要視されている 『確・連・報』(カクレンボウ) についてお伝えします。 言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。 カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。 部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。 「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。 ■自立した人材育成 分か