検索
  • realna

アンコンシャス・バイアス(後編)

こんにちは、リアルナです。


3月に入り、期末で忙しいという方も多いのではないでしょうか。

知らず知らずにうちに、険しい顔になっていませんか。

“笑顔にブランクなし”です!組織の雰囲気を良くしてパフォーマンスを上げるために、

『アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)』の後編をお伝えします!


■アンコンシャス・バイアス(アンコン)に取り組む5つの効果


・リーダーが自覚的を持って適切に対処することで、マネジメントの質が向上

・あらゆるハラスメントの予防・防止に効果的

・アンコンが合言葉となった職場は、インクルーシブな状態になる

・様々な属性の社員が、その人らしく能力を最大限発揮し、活躍できる

・組織の持続的な成長や業績向上につながる土壌が形成される


アンコンに取り組むことは、組織のダイバーシティ&インクルージョン(平等に機会を与えられる状態)を推進し、成長するためのチャンスとなるのです。

いつでも、どこでも、誰にでも起こりうる、『アンコンシャス・バイアス』

まずは、自分自身に「思い込み」や「きめつけ」がないか、自己認識を深めることが第一歩です。


■アンコンシャス・バイアスに対処する3ステップ


アンコンへの取り組みを組織に浸透させるためには、専門的なトレーニングが有効です。

トレーニングは「知る」「気づく」「対処する」という3ステップに添って行なわれます。


「知る」「気づく」というステップは、マインドセット(習慣化を促す考え方の枠組み)の形成に役立ちます。アンコンは言語化されにくく、自分自身だけで気づくことはたいへん困難です。そのために、まずはアンコンとは何かを「知った」うえで、自身の日頃の行動に潜むアンコンに「気づく」ことが重要になります。


アンコンを「知り」、自身の言動を顧みて「気づく」ことで、

アンコンを取り扱うマインドが形成されます。

マインドが形成されて、はじめてアンコンに「対処できる」ようになるのです。


アンコンのトレーニングを導入する際には、

ターゲットと目的、ゴールを明確にし、細かなプログラムを設計することが重要です。

非常にセンシティブな題材だけに、社内人材でトレーニングを展開する場合、

管理職や役員など上位職が持つバイアスをあぶりだすことが難しいかもしれません。

豊富な知見を有する専門家への相談など、外部リソースを活用する方が、

感情的な緊張関係が生まれることなくスムーズに進むのではないでしょうか。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

各種研修カリキュラムの立案が可能です。

全てのビジネススキルには、ポイントとテクニックがあります。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の