検索
  • realna

インプットとアウトプット

こんにちは、リアルナです。


よーいどん!で入社して、はじめはそれほど差を感じられなかったのに、

なぜか数年後には大きな差が生まれている…ビジネスシーンではよくある話です。


ビジネス世界に限らず、“早く成長している人”の特長とは?

もちろん個人の能力もありますが、

『インプット』と『アウトプット』の量と質が違うことが多いです。

そもそもインプットとは入力の意


会社に入って研修で学んだり、仕事に関する書籍を読んだり……

というのがインプットに当たります。

また、座学だけでなく“新しい経験”もインプットと言えます。


そして、アウトプットは出力の意

学生時代に授業で学んだことを試験やレポートで活かしたり、

自分が学んだことを友達に教えてあげるのもアウトプットになります。


ビジネスの世界では、

「自分が理解している(インプット完了)」だけでは価値を得られません。

業務を遂行するうえで、それは当たり前だからです。


自身の学びや経験・スキルを活かして、

「売上」や「仕組み」「人財育成」などにおいて何らかの結果を出す必要があります。

つまり、インプットした内容をアウトプットすることが求められるのです。


人は学んだり・見聞きしたことを、

20分で42%・1時間で52%・24時間で67%というスピードで忘れていきます。


ではどうやって学びを定着させるのか。

それはインプットから一刻も早くアウトプットすることです。


すぐにアウトプットすることで、

スムーズにアウトプットが出来ない→理解が足りない点にも気づけます。


インプットとアウトプットは対の関係で、

一方だけを強化すれば良いというものではありません。


常に新しい情報のインプットを、自分に合った方法でアウトプットしていく。

この繰り返しが重要なのです。


会社に入社したばかりの頃は、新しい知識や技術の習得に一生懸命になると思うのですが、ある程度仕事に慣れてくるとインプットの機会は減っていきます。


それは、自身が持つスキルや経験で業務が回ってしまうからです。

そうなるとおのずとアウトプットの機会も減り、行きつく先は“古い人間”。

こうなってしまっては、新たな成長は望めません。


だからこそ積極的に自分から情報を求め、オンライン講座を受講したり、

良質なイベントに参加するなどインプットの機会を作る必要があるのです。


同じ経験、同じ状況、同じ環境。にも関わらず、数年で大きな差が出る理由は、

同じ状況”にいるように見えてもそこから学んでいる量が違うからです。


次回は、デキル人がやっているワンランク上のインプット・アウトプット

についてお話しします。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

研修カリキュラムの立案を行ないます。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論(PM理論)を、連載でお伝えしております。 突然ですがリーダーって何でしょうか?組織のまとめ役を便宜上“リーダー”と呼称し、 社員一人ひとりが“リーダーシップ”を持っていればどうなるのでしょうか。 リーダーシップに必要な要素は、「仕事」「責任」「信頼」。才能ではなく、 仕事として責任を持って組織をけん引することです。 リーダーにな

こんにちは、リアルナです。 特別連載でお送りしている「PM理論」。 今週はP機能にフォーカスを当ててお伝えします。 ≪P機能(マネジメント目標達成能力)の鍛え方≫ 目標達成を実現するためには、 【目標設定】【行動を継続】【行動の振返り】という3つのプロセスが必要です。 【目標設定】 ・無理なく達成できる目標か ・本当に達成しなければならない目標か ・達成した際に、どのようなメリットがあるのか

こんにちは、リアルナです。 先週から公開している特別連載「PM理論」今週も引き続きお伝えしていきます。 まずは画像2枚目の図をご覧ください。この図にあてはめ、マッピングしていきます。 ◆P機能(Performance function:目標達成機能) ◆M機能(Maintenance function:集団維持機能) 【どんな時に『PM理論』を活用するのか】 ■ “リーダー候補者の強み・弱み”を整