検索
  • realna

オンラインでの好印象を与える伝え方

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く、

『リモート トラスト』略して“リモトラ”。

知ったその日から使える“リモトラ”の極意


第4回のテーマは【 伝え方 】です。


対面時におけるコミュニケーションでは、

声だけでなくアイコンタクト・仕草といった顔や体全体から

相手の意図を判断しています。


どうすれば画面の向こうにいる相手に好印象や安心感を与えることができるのか…。

オンラインで使えるテクニックをご紹介します!


■【表情】口角を上げる

少し上げるだけで!笑顔に見えます!

そして、不思議と声も“笑声”になります。


■【話し方】声の強弱・抑揚をつける

重要なこと、伝えたいことは

“大きな声でゆっくりと”

を意識しましょう。


■【声色】使い分けでメリハリを

高い声は、明るく元気な印象。

低い声は落ち着いた印象で信頼感を与えます。

■【テンポ】ゆっくり丁寧に

会議やプレゼン・商談時、資料や台本を見ていると早口になりがちです。

慣れるまでは“ゆっくり丁寧に”を意識して丁度良いでしょう。

どれもほんの少しの工夫で出来ることばかりですが、

相手に与える印象の違いは計り知れません!!


それでは質問です!

デジタル機器を通した時に、一番耳に届きやすい音の高さは何か御存知ですか?


それは、【ラ音】です。

117で聞ける時報は、ラ音のオクターブで構成されています。


では、人の耳に心地よい音は何でしょう?


ラ音から一音下がった【ソ音】と言われています。

オンラインで最初の挨拶をする前に、

「(ドレミファソ)おはようございます!」

と意識すると、良い流れで話がはずむかもしれません^^


弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

伝え方の基礎はもちろん一方的な情報発信ではなく、

認識のズレなく業務を遂行するためのビジネスコミュニケーションを学びます。

リモートトラストアップ研修の話を聞いてみたい!という方。 こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引継ぎ力

こんにちは、リアルナです。 新年度がスタートしました。 新入社員を迎えたり、人事異動があったり、まさに出会いと別れの季節ですね。 社内で人の出入りがあるということは、それだけ業務の流れが変わるということ。 そこで発生するのが、“引継ぎ”という業務です。 単発の案件であれば、引継ぎがうまくいっているかどうかで、 引継ぎを受けた側のその日の業務がスムーズにいくか否かが決まる と言っても過言ではありませ

気くばり力

こんにちは、リアルナです。 同じ状況下で物事を進めていても、 円滑に進める人・行き詰ってしまう人に分かれてしまう実態。 一体その理由は何でしょうか? もちろん複数のファクターが考えられますが、 そのひとつが“気くばり力”です。 人と人との見えない空気を気持ちよくする“気くばり”。 ほんの少しのことが、最終的には圧倒的な差となって結果に表れるのです。 ■全体を見る俯瞰力 ポイントのひとつが全体視点で

タテのヨコの関係性

こんにちは、リアルナです。 リモートワークで対面同様の関係性を築く、 『リモート トラスト』略して“リモトラ”。 突然ですが、「あなたの部下は相談をしてくれますか?」 「仕事にモチベーションを感じますか?」 今回は「チームを変える習慣力。タテとヨコの関係性」 というお話をさせていただきます。 “上司”という存在は“部下”を管理・支援しますよね。 その場合、どうしても上下関係つまり『タテの関係性』に

株式会社リアルナ

大阪市西区立売堀1-4-10 四ツ橋パークビル8F

06-4390-7188/06-7161-2446    

06-4390-7189

info@realna.co.jp

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © 2019 Realna Inc. All Rights Reserved.