検索
  • realna

オンラインでの好印象を与える伝え方

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く、

『リモート トラスト』略して“リモトラ”。

知ったその日から使える“リモトラ”の極意


第4回のテーマは【 伝え方 】です。


対面時におけるコミュニケーションでは、

声だけでなくアイコンタクト・仕草といった顔や体全体から

相手の意図を判断しています。


どうすれば画面の向こうにいる相手に好印象や安心感を与えることができるのか…。

オンラインで使えるテクニックをご紹介します!


■【表情】口角を上げる

少し上げるだけで!笑顔に見えます!

そして、不思議と声も“笑声”になります。


■【話し方】声の強弱・抑揚をつける

重要なこと、伝えたいことは

“大きな声でゆっくりと”

を意識しましょう。


■【声色】使い分けでメリハリを

高い声は、明るく元気な印象。

低い声は落ち着いた印象で信頼感を与えます。

■【テンポ】ゆっくり丁寧に

会議やプレゼン・商談時、資料や台本を見ていると早口になりがちです。

慣れるまでは“ゆっくり丁寧に”を意識して丁度良いでしょう。

どれもほんの少しの工夫で出来ることばかりですが、

相手に与える印象の違いは計り知れません!!


それでは質問です!

デジタル機器を通した時に、一番耳に届きやすい音の高さは何か御存知ですか?


それは、【ラ音】です。

117で聞ける時報は、ラ音のオクターブで構成されています。


では、人の耳に心地よい音は何でしょう?


ラ音から一音下がった【ソ音】と言われています。

オンラインで最初の挨拶をする前に、

「(ドレミファソ)おはようございます!」

と意識すると、良い流れで話がはずむかもしれません^^


弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

伝え方の基礎はもちろん一方的な情報発信ではなく、

認識のズレなく業務を遂行するためのビジネスコミュニケーションを学びます。

リモートトラストアップ研修の話を聞いてみたい!という方。 こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。 昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。 東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、 従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。 コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、 Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、 一般化していくことが予想されます。

リモトラ~新入社員研修~

こんにちは、リアルナです。 2020年初頭から世界中を震撼させている新型コロナ。 日本においても、“緊急事態宣言”と“まん延防止等重点措置”を繰り返し、 『ウィズコロナ』を視野に入れざるを得ない状況にあります。 ウィズコロナ時代の新しい日常「ニューノーマル」は、 オンラインを活用したリモートワークが主流に。 一般的なビジネスマナーに加え“オンラインでの立居振舞”の習得が、 新入社員に求められるよう

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。 今回は今、ビジネスシーンで重要視されている 『確・連・報』(カクレンボウ) についてお伝えします。 言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。 カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。 部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。 「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。 ■自立した人材育成 分か