検索
  • realna

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。


昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。


東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、

従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。


コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、

Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、

一般化していくことが予想されます。


そこで今回は、改めて

『オンラインコミュニケーションのコツ』についてお話しします。


【1】作業の進捗報告

目視で姿を確認できないということは、相手の状況が全く分からないということです。

上司や同僚など、手掛ける仕事に関わる人達が安心できるよう、

対面時以上に細かな報告を行なう必要があります。


【2】3割増しの表現

メール、チャット、電話、Web会議……。

どのコミュニケーションツールを使う場合も、対面時の“3割増し”を心掛けましょう。

声のトーンは高めに、声のボリュームUP、身振り手振り、テキストなら主語を明確にしてキーワードを意識的に多く取り込んだり。


【3】素早いレスポンス

オフィスなら「○○ってどう?」「○○ですね」と数秒で終わるやりとりが、

メールやチャットを経ることになったのがリモートワーク最大のネック。

業務効率化を図るためにも、メールの確認頻度をチームや部署でルール化しておくと

良いかもしれません。


【4】オンラインワークにおける価値観の共有

メンバーによっては、子育てや介護との両立も必要になることから、

家庭環境の把握が必要です。

本格的なリモートワークに入る前に、働き方について話し合い・共有しておきましょう。

ITツールの取り扱いが苦手な従業員のサポートもお忘れなく!


【5】コミュニケーションツールの選択

メンバーに対して指摘やシリアスな内容を伝える時は、

テキストツールではなく、電話やWeb会議ツールを活用するのも工夫の一つです。

無機質な文章による伝達は、送り手の感情が伝わりにくいことから、

ネガティブな形で読み手に届く危険性があります。


普段の関係性があるとはいえ、

モニターを1枚はさむだけで驚くほど“ニュアンス”が伝わりにくくなります。


オンラインワークに対する考え方も様々で、

その想いを事前に共有しておくことでストレスフリーに働けるでしょう。


普段よりも2倍、いや3倍丁寧にコミュニケーションを取ることで、

結果として普段と同じクオリティのパフォーマンスが発揮できるのではと考えています。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、研修カリキュラムの立案を行ないます。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コーチングスキル~促進編~

こんにちは、リアルナです。 メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル“コーチング力”。 前回は“傾聴編”として、いかに聴くことが大切かというお話しをしました。 今回は、スキルや能力をより“促進”させるコーチ型アプローチをご紹介します。 ■質問(視点を変えるスキル) 知りたい事・確認したい事があれば、質問する。 というのが基本的な会話の流れですが、 コーチ型アプローチの場合は、 『

コーチングスキル~傾聴編~

こんにちは、リアルナです。 今回は、メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル 「コーチング力」についてお話しさせていただきます。 このコーチング力は特段新しいビジネススキルではなく、 効果的に後進を育成している人のコミュニケーションを観察し、 その特徴を体系化したものです。 コーチングスキルは細分化すると100以上あると言われていますが、 その全ては【3つの目的】を意識して適用さ

任せる力

こんにちは、リアルナです。 日々仕事を進めるにあたって「自分がやった方が早い」と思うことはありませんか? あなたがプレイヤーならOK! でも、リーダーや管理職に就いている方なら、危険信号! なぜなら、根本的に上司と部下は、果たすべき役割が全然違うからです。 今日は、管理職者にマストなスキル「任せる力」についてお話しします。 例えば、営業職の場合。何といっても最新の情報・市場動向がモノを言う営業。