検索
  • realna

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。


昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。


東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、

従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。


コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、

Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、

一般化していくことが予想されます。


そこで今回は、改めて

『オンラインコミュニケーションのコツ』についてお話しします。


【1】作業の進捗報告

目視で姿を確認できないということは、相手の状況が全く分からないということです。

上司や同僚など、手掛ける仕事に関わる人達が安心できるよう、

対面時以上に細かな報告を行なう必要があります。


【2】3割増しの表現

メール、チャット、電話、Web会議……。

どのコミュニケーションツールを使う場合も、対面時の“3割増し”を心掛けましょう。

声のトーンは高めに、声のボリュームUP、身振り手振り、テキストなら主語を明確にしてキーワードを意識的に多く取り込んだり。


【3】素早いレスポンス

オフィスなら「○○ってどう?」「○○ですね」と数秒で終わるやりとりが、

メールやチャットを経ることになったのがリモートワーク最大のネック。

業務効率化を図るためにも、メールの確認頻度をチームや部署でルール化しておくと

良いかもしれません。


【4】オンラインワークにおける価値観の共有

メンバーによっては、子育てや介護との両立も必要になることから、

家庭環境の把握が必要です。

本格的なリモートワークに入る前に、働き方について話し合い・共有しておきましょう。

ITツールの取り扱いが苦手な従業員のサポートもお忘れなく!


【5】コミュニケーションツールの選択

メンバーに対して指摘やシリアスな内容を伝える時は、

テキストツールではなく、電話やWeb会議ツールを活用するのも工夫の一つです。

無機質な文章による伝達は、送り手の感情が伝わりにくいことから、

ネガティブな形で読み手に届く危険性があります。


普段の関係性があるとはいえ、

モニターを1枚はさむだけで驚くほど“ニュアンス”が伝わりにくくなります。


オンラインワークに対する考え方も様々で、

その想いを事前に共有しておくことでストレスフリーに働けるでしょう。


普段よりも2倍、いや3倍丁寧にコミュニケーションを取ることで、

結果として普段と同じクオリティのパフォーマンスが発揮できるのではと考えています。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、研修カリキュラムの立案を行ないます。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の