検索
  • realna

オンライン上での聴き上手の極意

こんにちは、リアルナです。

アフターコロナのビジネスシーンで必須となる

『リモート トラスト』略して“リモトラ”の極意


第3回のテーマは、【 聴き方 】です。


どうしてもオンラインでは弱くなってしまう、「伝わる力」

話し手のスキルだけでなく、

聴き手の対応によって、コミュニケーションの質は大きく変わります。


注意深く耳を傾けるのはもちろんですが、

相手に「聴いていますよ!」のサインを出すことが大事なのです。

≪リモートコミュニケーションのポイント≫ ①オーバーリアクションで傾聴

相手に「話を聴いている」ということが、視覚的に伝わるよう

「深くうなずく」「カメラに前傾姿勢を取る」など、オーバー気味に反応します。

「オウム返し」や「多めに質問を投げる」などのアクションも効果的です。


②傾聴環境を整える

閉めきった室内にいても、案外拾ってしまう雑音。

快適にやり取りを行なうため、

PCに内臓されたマイクを使用するのは避けた方が無難です。

ノイズキャンセリングやハウリングを防ぐためにも、

イヤホンやヘッドホンの使用をおすすめします。


対面時以上に、“無反応”は相手を不安にさせます。

感覚的かつ微妙なニュアンスは伝わりにくいですから、

具体的な行動や発言で反応するのがポイントです。



中でも笑顔の反応は相手に安心感を与えます。

「口角をあげる」「目を細める」など、

ちょっとしたテクニックで印象が大きく変わるので、

試してみてはいかがでしょうか。

弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

相手が話しやすい環境作り、

本当に話したいことを引き出し・理解していくために、

“傾聴力”“共感力”を強化していきます。


リモートトラストアップ研修の話を聞いてみたい!という方。 お気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の