検索
  • realna

オンライン上での聴き上手の極意

こんにちは、リアルナです。

アフターコロナのビジネスシーンで必須となる

『リモート トラスト』略して“リモトラ”の極意


第3回のテーマは、【 聴き方 】です。


どうしてもオンラインでは弱くなってしまう、「伝わる力」

話し手のスキルだけでなく、

聴き手の対応によって、コミュニケーションの質は大きく変わります。


注意深く耳を傾けるのはもちろんですが、

相手に「聴いていますよ!」のサインを出すことが大事なのです。

≪リモートコミュニケーションのポイント≫ ①オーバーリアクションで傾聴

相手に「話を聴いている」ということが、視覚的に伝わるよう

「深くうなずく」「カメラに前傾姿勢を取る」など、オーバー気味に反応します。

「オウム返し」や「多めに質問を投げる」などのアクションも効果的です。


②傾聴環境を整える

閉めきった室内にいても、案外拾ってしまう雑音。

快適にやり取りを行なうため、

PCに内臓されたマイクを使用するのは避けた方が無難です。

ノイズキャンセリングやハウリングを防ぐためにも、

イヤホンやヘッドホンの使用をおすすめします。


対面時以上に、“無反応”は相手を不安にさせます。

感覚的かつ微妙なニュアンスは伝わりにくいですから、

具体的な行動や発言で反応するのがポイントです。



中でも笑顔の反応は相手に安心感を与えます。

「口角をあげる」「目を細める」など、

ちょっとしたテクニックで印象が大きく変わるので、

試してみてはいかがでしょうか。

弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

相手が話しやすい環境作り、

本当に話したいことを引き出し・理解していくために、

“傾聴力”“共感力”を強化していきます。


リモートトラストアップ研修の話を聞いてみたい!という方。 お気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でのビジネスメール

こんにちは、リアルナです。 2回目の緊急事態宣言が発令され、リモートワークの頻度を上げられた方も多いのではないでしょうか。リモートトラスト略して“リモトラ”。 リモートワークで対面同様の関係性を築くため、今回は初心にかえって 「ビジネスメール」に関する話をお伝えします。 ■メールの実態(『ビジネスメール実態調査2020』2020年4月~5月) ビジネスシーンにおけるコミュニケーション手段で最も活用

効果的な目標設定「SMARTの法則」とは

こんにちは、リアルナです。 極寒とコロナのダブルパンチでいつも以上に体調を気遣う毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか? 前回は「目標設定」のお話、 今回は「目標設定(マネジメント編)」をお届けします。 『SMARTの法則』を見聞きされたことはありますか。 マネジメントの父と言われるピーター・ドラッカーが提唱した目標設定のための フレームワークです。例の如く、5つの手順の頭文字をとったもので、 内容

目標設定についてのお話

こんにちは、リアルナです。 皆さまは、プライベート・ビジネスシーンを問わず、今年の目標を立てられましたか? 今回のテーマは、『目標設定』についてです。 まず、「PDCAサイクル」はご存知ですか? Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善) を回して、継続的な業務の改善を促すセルフマネジメントメソッドです。 分かりやすく効果が得られやすいと広く知られた技法ですが、 P

株式会社リアルナ

大阪市西区立売堀1-4-10 四ツ橋パークビル8F

06-4390-7188/06-7161-2446    

06-4390-7189

info@realna.co.jp

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © 2019 Realna Inc. All Rights Reserved.