検索
  • realna

オンライ上での見え方のPOINT!

こんにちは。 『従業員エンゲージメント向上』をサポートしている、リアルナです。


コロナウィルス感染者数の記録更新が連日取りざたされ、

ますますリモートワークの重要性・必要性を実感しています。


今回は、前回ご紹介した『リモート トラスト』略して“リモトラ”の真髄、

「画面越しでのコミュニケーション」で大事なこと


【見え方】についてご説明します。


コロナ禍に伴い、会議や商談・採用面接などを、オンライン上で行なうことが増えました。「物理的な距離があることで、直接対面以上に気をつける必要がある」ということは、

みなさんご承知のことかと思います。


では、具体的に何に注意すればよいのでしょうか?


まず、心理学者アルバート・メラビアンが提唱する

『メラビアンの法則』が分かりやすいのでご紹介します。


人間が人と話をするとき、

“言葉”だけでやりとりをしている訳ではないことが

ハッキリと分かりますよ!


◆言語情報(言葉そのもの)     7% ◆聴覚情報(声のトーン、抑揚)   38% ◆視覚情報(表情、ジェスチャー)  55% 


視覚、つまり…

「見え方」によって半分以上の印象が決まるということです。


・カメラと目線の高さは合っていますか? ・逆光になっていませんか? ・画面中央に映っていますか? ・表情が良く見える服装ですか? ・背景に気になるモノは映っていませんか?


実際にテレビアナウンサーは、

自分がベストに映るポジションを確認し放送前に調整しています。


画面中央に位置するのも、左右非対称による無意識な雑念を防ぐため。

情報の伝達スピードを上げるために工夫されているのです。


一番良いのは、「撮って見る」こと!

客観的に見ることで、確実に良くなります。


弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

「好印象を与える5原則」をはじめ第一印象の重要性・本質印象を学び、

他者からの見え方の意識を高めていきます。


リモートトラストアップ研修の話を聞いてみたい!という方。 お気軽にご相談ください。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アクティブリスニング(後編)

こんにちは、リアルナです。 深い関係性を構築するコミュニケーション手法のひとつ、アクティブリスニング。 今回は、より細分化したお話をさせていただきます。 アクティブリスニングには 「バーバル・コミュニケーション」「ノンバ—バル・コミュニケーション」 の2種類があります。 バーバル・コミュニケーションというのが、 “言葉”のやりとりによって相手の話を聞く、言語的コミュニケーション。 ノンバ—バル・コ

アクティブリスニング(前編)

こんにちは、リアルナです。 同じ悩みを複数の人に相談した時、 会話を終えた後“スッキリ”解決感のある時と“モヤモヤ”と腑に落ちない時が あるのはどうしてでしょう。 もちろん相談した人の人生経験やキャリアの違いもあるかもしれませんが、 実はもっと別の場所に理由があります。 「アクティブリスニング」という言葉を耳にしたことがありますか? 日本語にすると「積極的傾聴」。 カウンセリングにも使われるコミュ

タイムマネジメント

こんにちは、リアルナです。 「頼んだ(頼まれた)仕事が、直前になって出来ていない!」なんて、経験ありませんか?ビジネスにおいて“約束”の反故は、一瞬で信頼を失ういわばレッドカード。 そんなことにならないよう、 本日はタイムマネジメントについてお話しさせていただきます。 そもそも、タイムマネジメントとは。直訳すれば“時間管理”ですが、 ビジネスにおいては 『成果を上げるための仕事に注力できるよう自分