検索
  • realna

オンライ上での見え方のPOINT!

こんにちは。 『従業員エンゲージメント向上』をサポートしている、リアルナです。


コロナウィルス感染者数の記録更新が連日取りざたされ、

ますますリモートワークの重要性・必要性を実感しています。


今回は、前回ご紹介した『リモート トラスト』略して“リモトラ”の真髄、

「画面越しでのコミュニケーション」で大事なこと


【見え方】についてご説明します。


コロナ禍に伴い、会議や商談・採用面接などを、オンライン上で行なうことが増えました。「物理的な距離があることで、直接対面以上に気をつける必要がある」ということは、

みなさんご承知のことかと思います。


では、具体的に何に注意すればよいのでしょうか?


まず、心理学者アルバート・メラビアンが提唱する

『メラビアンの法則』が分かりやすいのでご紹介します。


人間が人と話をするとき、

“言葉”だけでやりとりをしている訳ではないことが

ハッキリと分かりますよ!


◆言語情報(言葉そのもの)     7% ◆聴覚情報(声のトーン、抑揚)   38% ◆視覚情報(表情、ジェスチャー)  55% 


視覚、つまり…

「見え方」によって半分以上の印象が決まるということです。


・カメラと目線の高さは合っていますか? ・逆光になっていませんか? ・画面中央に映っていますか? ・表情が良く見える服装ですか? ・背景に気になるモノは映っていませんか?


実際にテレビアナウンサーは、

自分がベストに映るポジションを確認し放送前に調整しています。


画面中央に位置するのも、左右非対称による無意識な雑念を防ぐため。

情報の伝達スピードを上げるために工夫されているのです。


一番良いのは、「撮って見る」こと!

客観的に見ることで、確実に良くなります。


弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

「好印象を与える5原則」をはじめ第一印象の重要性・本質印象を学び、

他者からの見え方の意識を高めていきます。


リモートトラストアップ研修の話を聞いてみたい!という方。 お気軽にご相談ください。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の