検索
  • realna

オンライン面接の基本マナー

こんにちは、リアルナです。


COVID‑19は変異をかさねて強さを増し、収束を待つより“共存”の道を模索するのが 理に適っているのかと思う昨今。

ビジネス社会においても「リモート」「オンライン」を 活用する事例が増えており、“知らなかった”“得意ではない”では済まされない状況になってきました。


本日お話しするのは、オンライン面接(面談)について。

人生を左右する就職活動や転職活動でも、すでに多くの企業がオンライン面接を導入しています。従来の対面面接であれば対策本が多く発売されていますが、いかんせん双方が手探りの状態。

そこで、今回はオンライン面接のマナーとコツをお伝えします。


■オンライン面接のマナー 基本的には、企業を訪問しての面接と同様です。

恰好は上下ビジネススーツで。

※下はパジャマなんてことのないように!


約束の時間の5分前にはツールを立ち上げ、準備をしておきましょう。

これまでの面接では、面接官が「おかけください」とおっしゃってからの着席が

自然な流れでしたが、オンライン面接では最初から着席したままで問題ありません。

しっかりと“座礼”をしましょう。 美しい座礼のコツは、

「素早く頭をさげ、少し止め、ゆっくりと顔をカメラにもどします」。


■面接までの事前準備 まず最初に面接ツールをチェックしましょう。

企業によっては事前にアカウント設定が必要なもの、ダウンロードが必要なものと、

使用するツールは様々です。当日に慌てて設定ということがないように。


次に場所の確保です。

最低限抑えておきたいのが「ネットワーク環境の良い場所」「雑音の少ない場所」。

PCの内臓スピーカーを使用すると、どうしても生活音を拾ってしまうので、

イヤホンの使用をおすすめします。


そして画面に映る範囲の整理整頓。面接はあくまでも自分自身を見てもらう場です。 自分以外に目に付く様なモノは片付けておきましょう。


■面接を成功させるポイント!

(1)とにかく明るく見せよう 性格ではなく、カメラに映る自分自身が明るく見えるだけで好感度UP!

逆光の場所だと本当に画面が暗く見えてしまい、もったいないです。

また服装も明るいインナーの方が、顔色が良く見えます。 髪型もすっきりまとめ、顔がハッキリと見えるようにしましょう。


(2)カメラから見えない場所にカンペ

カメラに映らない場所は、面接官から見えません。

志望動機や自分の想いをメモにして貼っておくと、緊張してしまっても安心。

カメラの真横など、カンペを見ても目線が外れない場所に貼るのがポイントです。

何かを見て読み上げる仕草は、相手にバッチリ伝わってしまいます。


(3)笑顔で&大きな声で

どんなに良いことを言っても、暗い顔をしていたり、聞き取れなければ相手に真意が伝わりません。カメラを見据えて口角を上げ、身振り手振りを使って想いを伝えましょう。


リモートやオンラインで対面同様の関係性を築く、『リモート トラスト』略して“リモトラ”。リアルナでは、これからの時代に必要不可欠な“リモトラ”に関する各種研修カリキュラムの立案を承っております。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 SNSシリーズの第三弾! SNSに限らずですが、 “個人”ではなく“企業”の看板を背負って発言するときに注意するべきこと。 営業や商談にも通じる、NGワード&NGトークをご紹介していきます。 ■放送禁止用語 人格・人権を損なう言葉や肉体的・精神的な侮蔑の言葉を避けるのはもちろんのこと、 職業差別用語というものが放送禁止用語の中には多く含まれています。 例えば、看護婦やO

こんにちは、リアルナです。 三が日もあけ、少しずつ頭も身体もオフィシャルモードに戻していきましょう! 今回も、昨年末から続くSNSシリーズの第二弾。 今や、猫も杓子もSNS?!という時代ですが、 そもそも企業として『SNSをやるべきか否か』という根本的なお話しをします。 「同業他社がやっているから」「無料でPR・集客ができるから」と手を出しがちですが、まずは一旦立ち止まって。必ずしもSNSをやるこ

こんにちは、リアルナです。 今や若年層に限らず、幅広い年代で日常的に使われているSNS。 商品・サービスの認知拡大やブランディングなどに対して、 SNSが効果を発揮する機会は多く、 企業にとってSNS活用は欠かせないものとなっています。 今回は、そんなソーシャルメディアを本格活用する前に! 一度確認してほしい、注意事項をお伝えします。 広報担当やSNS担当の方は要チェックです! ※今回お伝えするS