検索
  • realna

オンライン面接の基本マナー

こんにちは、リアルナです。


COVID‑19は変異をかさねて強さを増し、収束を待つより“共存”の道を模索するのが 理に適っているのかと思う昨今。

ビジネス社会においても「リモート」「オンライン」を 活用する事例が増えており、“知らなかった”“得意ではない”では済まされない状況になってきました。


本日お話しするのは、オンライン面接(面談)について。

人生を左右する就職活動や転職活動でも、すでに多くの企業がオンライン面接を導入しています。従来の対面面接であれば対策本が多く発売されていますが、いかんせん双方が手探りの状態。

そこで、今回はオンライン面接のマナーとコツをお伝えします。


■オンライン面接のマナー 基本的には、企業を訪問しての面接と同様です。

恰好は上下ビジネススーツで。

※下はパジャマなんてことのないように!


約束の時間の5分前にはツールを立ち上げ、準備をしておきましょう。

これまでの面接では、面接官が「おかけください」とおっしゃってからの着席が

自然な流れでしたが、オンライン面接では最初から着席したままで問題ありません。

しっかりと“座礼”をしましょう。 美しい座礼のコツは、

「素早く頭をさげ、少し止め、ゆっくりと顔をカメラにもどします」。


■面接までの事前準備 まず最初に面接ツールをチェックしましょう。

企業によっては事前にアカウント設定が必要なもの、ダウンロードが必要なものと、

使用するツールは様々です。当日に慌てて設定ということがないように。


次に場所の確保です。

最低限抑えておきたいのが「ネットワーク環境の良い場所」「雑音の少ない場所」。

PCの内臓スピーカーを使用すると、どうしても生活音を拾ってしまうので、

イヤホンの使用をおすすめします。


そして画面に映る範囲の整理整頓。面接はあくまでも自分自身を見てもらう場です。 自分以外に目に付く様なモノは片付けておきましょう。


■面接を成功させるポイント!

(1)とにかく明るく見せよう 性格ではなく、カメラに映る自分自身が明るく見えるだけで好感度UP!

逆光の場所だと本当に画面が暗く見えてしまい、もったいないです。

また服装も明るいインナーの方が、顔色が良く見えます。 髪型もすっきりまとめ、顔がハッキリと見えるようにしましょう。


(2)カメラから見えない場所にカンペ

カメラに映らない場所は、面接官から見えません。

志望動機や自分の想いをメモにして貼っておくと、緊張してしまっても安心。

カメラの真横など、カンペを見ても目線が外れない場所に貼るのがポイントです。

何かを見て読み上げる仕草は、相手にバッチリ伝わってしまいます。


(3)笑顔で&大きな声で

どんなに良いことを言っても、暗い顔をしていたり、聞き取れなければ相手に真意が伝わりません。カメラを見据えて口角を上げ、身振り手振りを使って想いを伝えましょう。


リモートやオンラインで対面同様の関係性を築く、『リモート トラスト』略して“リモトラ”。リアルナでは、これからの時代に必要不可欠な“リモトラ”に関する各種研修カリキュラムの立案を承っております。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

VUCA(ブーカ)時代

こんにちは、リアルナです。 新型コロナウィルスの影響で、ビジネス環境や市場・組織・個人など あらゆるものを取り巻く環境は一転。 将来の予測が困難になっている状況が続いています。 この状況のことをビジネス用語では「VUCA(ブーカ)」 と言い、現在注目されています。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性

打率ではなく打数!

こんにちは、リアルナです。 突然ですが、上司に「やってみないか?」「任せてもいいか?」 と声をかけられた時。あなたならどう返答しますか? 研修医にバチスタ手術!みたいな無茶な話ではなく、通常業務の延長線上での話です。 「まだ経験が浅いから、もっとキャリアを積んでから請けよう」 「業務が立て込んでいるから、余裕ができてから請けよう」 なんてことを言っていたら、一生経験は浅いままですし、業務に余

デキル人の!インプットとアウトプット

こんにちは、リアルナです。 学生時代は個人の裁量で インプットしテストや受験等でアウトプットすれば良かったのが、 ビジネス社会では 『多くの人に考えを伝え、正しく理解してもらい“動いて”もらうこと』 が必要になります。 営業シーンでの提案やプレゼン、そのための資料作り、 社内外の人とのメール1つもアウトプットです。 あなたのアウトプットがビジネスの成長や成果に直結するため、 その重要性が注視されて