検索
  • realna

コロナ禍におけるアポイント設定とオンライン商談

こんにちは、リアルナです。


新型コロナウィルスとの共存を余儀なくされてから早1年…。

リモート”というスタイルがビジネスの新様式になりつつありますね。

リモートワークで対面時と同様の関係性を築くために欠かせない

リモートトラスト略して“リモトラ”。

本日は、「コロナ禍におけるアポイント設定とオンライン商談」についてお話します。



■アポイント設定の手順

電話営業の基本と変わりません。


○なぜあなたに連絡をしたのかを明確に提示

○相手の興味を湧き立てるネタの提案

○商談アポイントの設定(日程と時間を自分から提案する)

アポ設定までは条件が揃えばある程度クリアできるのですが、

問題は商談から受注(結論)までどのように進めるかです。


提案に興味を示し手応えも悪くないが、商談をキャンセルされたりダラダラと結論が先延ばしになっている――。浮いた状態でフォローにばかり手を取られるのなら、ハッキリと失注した方が次のお客様に注力できます。


■自身の優先順位を上げてもらうためには、『お客様の緊急度を高める提示!』

早く結論を出すことでどんなメリットがあるのか、結論が遅れるとどんなデメリットがあるのかを提示することが大事です。具体的な日付が加わると、より優先順位は高まります。

ただただ契約締結の日程調整ばかり連絡されては、

「あなたの成績の都合でせかされている?」と思われかねません。


■コロナの影響で変わる、物事の優先順位

相手が法人であれ個人であれ、新型コロナウィルスの影響をうけており、状況が逐一変わっている可能性があります。従来の営業セオリーのまま突き進むと、思わぬ壁にぶつかるかもしれません。そこで重要になるのが“リモートトラスト”です。


オンラインの商談はモニターごしになるため、どうしても相手の表情や空気が

読み取りづらいです。相手の反応に集中し(時間がなさそう?)(話がしたそう?)

(体調が悪そう?)などが掴めると良いですね。

必要であればリスケを提案するなどの

臨機応変な対応が、結果として信頼を得る形になり、ビジネスコミュニケーションを

加速させることになります。


異常事態であるコロナ禍。

今まで以上に“人間力”“コミュニケーション能力”が求められています。

裏をかえせば、今だからこそ付けられる“差”があると言うことです。

リモートトラストの真髄をしっかり体得することで、時代を生き抜くビジネスパーソンへと成長できると私たちは考えています。


リアルナではお客様が従事されている業界や職種に合わせて、御社オリジナルの研修をカスタマイズいたします。まずはお気軽にご相談くださいませ。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

悪質クレーマー対応のポイント

こんにちは、リアルナです。 突然ですが、これまでの人生でクレームを受けたことがありますか? 『クレーマー』という言葉が生まれるなど、すっかり悪者の“クレーム”ですが、 本来は「改善に向けた貴重な意見」という位置づけでした。 現在はコロナ禍の異常事態。ストレスや不安から、 顔が見えない電話で攻撃的になる方が増えているのも事実です…。 加えて「お客様は神様」の思想が根強く、 品行方正・まじめな日本人。

好印象を与える電話対応

こんにちは、リアルナです。 立春を終え、ウィズコロナで迎える2回目の春が目前に迫っています。 今年の新入社員は、従来のビジネスマナーだけでなく、 対面時以上の関係性を築く『リモート トラスト』略して“リモトラ”の体得が 他者との差を付けるカギ!と思い、今回のテーマを選びました。 本日お話しするのは、『電話対応』についてです。 新入社員……と言いましたが、実は中堅社員の方にこそ読んでいただきたい内容

ビジネスチャットとの付き合いかた

こんにちは、リアルナです。 今日は節分ですね。暦上の調整で、124年ぶりに2日となるそうです。 124年前の1897年には、日本勧業銀行(現みずほ銀行)の創立、日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)の創業などがあったようです。今年は世界的パンデミックさなかの節分。しっかり邪気を払って、福を呼び込みたい所です。 本日のテーマは「チャット」について。 「Slack」「Teams」「chatworks

株式会社リアルナ

大阪市西区立売堀1-4-10 四ツ橋パークビル8F

06-4390-7188/06-7161-2446    

06-4390-7189

info@realna.co.jp

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © 2019 Realna Inc. All Rights Reserved.