検索
  • realna

コンテキスト思考~コミュニケーション編~

こんにちは、リアルナです。

本日は、近年ビジネスシーンで注目されている重要な概念

「コンテキスト思考」についてお話しさせていただきます。


“コンテキスト”って聞いたことがありますか?

辞書では「背景・文脈・前後関係」と説明されています。

■事実の裏側にある背景 これを読み取るのが、コンテキスト思考です。

あらゆる物事は

「事実(コンテンツ)」と「裏にある背景(コンテキスト)」

で成り立っています。

この二つの一番の違いは、事実は目に見え、背景は“目に見えない”ということです。

コミュニケーションを図っている時に、

「話がかみ合わないな…」「正しく理解されていないな…」と感じることはありませんか?


それは、もしかしたら「事実(コンテンツ)」だけを追った

コミュニケーションをしているからかもしれません。


「なぜこの人は、こう言っているのか?」と発言の裏側を思案すること、

これが「コンテキスト思考」なのです。

■コンテキストが違えば意味が真逆に 例えば、「明日晴れるかな」という文節。

遠足に行きたい子供は「晴れてほしい」という意味で使いますし、

運動会に出たくない子供は「晴れてほしくない」という意味で使います。

同じ言葉でも、コンテキスト(背景)が違えば意味は真逆になるのです。 相手のコンテキストをしっかりと理解・把握することで、コミュニケーションミスを

防ぐことができます。そして話が早いので「自分を理解してもらえている」と、

信頼感を相手に持ってもらえる作用もあるのです。

■コンテキスト思考の身に付け方 観察力と洞察力を身に付けることです。

頭の中で習慣化・定着化してはじめて。

当たり前に使いこなせるようになるには一定期間 目の前にあるあらゆる事実に対して、その背景にあるコンテキストを思案することを習慣にしてみてください。

「事実」と「背景(コンテキスト)」の二項対立で考える習慣が身に付けば、

あなたがこれまで見ていた“事実だけの世界”とは比べ物にならない広い視野で物事を

見ることができるようになるはずです。

コンテキスト思考が備われば、コミュニケーションスキルの向上だけでなく、

物事に新しい“価値”を生み出すことができます。

次回「コンテキスト思考(ビジネス編)」でまたお会いしましょう。

リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

社員研修やビジネスマナー等の研修カリキュラムの立案を行ないます。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。 昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。 東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、 従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。 コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、 Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、 一般化していくことが予想されます。

リモトラ~新入社員研修~

こんにちは、リアルナです。 2020年初頭から世界中を震撼させている新型コロナ。 日本においても、“緊急事態宣言”と“まん延防止等重点措置”を繰り返し、 『ウィズコロナ』を視野に入れざるを得ない状況にあります。 ウィズコロナ時代の新しい日常「ニューノーマル」は、 オンラインを活用したリモートワークが主流に。 一般的なビジネスマナーに加え“オンラインでの立居振舞”の習得が、 新入社員に求められるよう

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。 今回は今、ビジネスシーンで重要視されている 『確・連・報』(カクレンボウ) についてお伝えします。 言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。 カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。 部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。 「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。 ■自立した人材育成 分か