検索
  • realna

セルフマネジメント(自己管理能力)

こんにちは、リアルナです。

働き方として定着しつつある、“リモートワーク”。

出社しての仕事との違いは、ズバリ誰かに“監視”されないこと。

自由な反面、リモートワークだとどうしても効率が下がる……

ついつい誘惑に負けてしまう……などと感じたことはありませんか?


時間・タスク・進捗・メンタルヘルス……仕事を遂行するにあたって、

管理しなければならない事項はたくさん。

それらを自分自身でしっかり把握することを、『セルフマネジメント』と言います。


ビジネスを取り巻く環境が激しく変化し

スピーディな意思決定とアクションが求められる昨今。

社員一人ひとりが主体的に動ける、

つまりセルフマネジメントに長けた人材の需要が高まっています。


【セルフマネジメント(自己管理能力)を高める方法】

(1)役割や自身に期待されていることを理解する

目指すべき方向や目的が明確に見えているからこそ、

達成のために自身を律する気持ちが生まれます。

まずは、担当業務の役割や組織における存在意義を再確認しましょう。


(2)日々のタスクに落とし込む

やるべきタスクが曖昧だと、どこから手をつけてよいか分からず、

期日ギリギリに慌てる可能性があります。

また、大きな“案件”という単位で考えると時間的に余裕があるように感じ

先延ばししやすくなるため注意です。


(3)パフォーマンスが落ちるタイミングを把握する

普段の業務を振り返ると、「集中力が持続しない」「チェック系の仕事でミスが多い」

「イライラすると仕事が手につかない」など

様々な改善ポイントがみえてくると思います。

事前に問題点を洗い出し、克服するにはどうしたらよいか改善策を考えていきましょう。


(4)誘惑に負けない

仕事をしている時に気をそらす物があれば、なるべく視覚に入らないよう排除しましょう。集中が途切れるとスマホを触ってしまう人は、物理的に遠ざけるようにしてみてください。


(5)メンタル・体調ケア

心身の不調はダイレクトにパフォーマンスに影響します。

仕事に熱心な人にありがちですが、「睡眠時間を削る」ということは絶対にやめましょう。翌日、睡眠不足で頭が回らず、パフォーマンスが落ちてしまっては本末転倒です。


人生も仕事もロングスパン!

セルフマネジメント能力は、できるビジネスパーソンには必須のスキルです。

しかし、セルフマネジメント能力は、一朝一夕では身に付きません。

ぜひ日常で意識して取り入れてみてください。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、体験型の研修カリキュラムの立案を行ないます。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論(PM理論)を、連載でお伝えしております。 突然ですがリーダーって何でしょうか?組織のまとめ役を便宜上“リーダー”と呼称し、 社員一人ひとりが“リーダーシップ”を持っていればどうなるのでしょうか。 リーダーシップに必要な要素は、「仕事」「責任」「信頼」。才能ではなく、 仕事として責任を持って組織をけん引することです。 リーダーにな

こんにちは、リアルナです。 特別連載でお送りしている「PM理論」。 今週はP機能にフォーカスを当ててお伝えします。 ≪P機能(マネジメント目標達成能力)の鍛え方≫ 目標達成を実現するためには、 【目標設定】【行動を継続】【行動の振返り】という3つのプロセスが必要です。 【目標設定】 ・無理なく達成できる目標か ・本当に達成しなければならない目標か ・達成した際に、どのようなメリットがあるのか

こんにちは、リアルナです。 先週から公開している特別連載「PM理論」今週も引き続きお伝えしていきます。 まずは画像2枚目の図をご覧ください。この図にあてはめ、マッピングしていきます。 ◆P機能(Performance function:目標達成機能) ◆M機能(Maintenance function:集団維持機能) 【どんな時に『PM理論』を活用するのか】 ■ “リーダー候補者の強み・弱み”を整