検索
  • realna

タテのヨコの関係性

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く、

『リモート トラスト』略して“リモトラ”。


突然ですが、「あなたの部下は相談をしてくれますか?」

「仕事にモチベーションを感じますか?」


今回は「チームを変える習慣力。タテとヨコの関係性」

というお話をさせていただきます。

“上司”という存在は“部下”を管理・支援しますよね。

その場合、どうしても上下関係つまり『タテの関係性』になります。

ここで勘違いしてはいけないのは、

ポジションパワーでマネジメントしてはいけないということです。


『タテの関係性』は一見うまくいっている様に見えますが、

あくまでもパワーマネジメントのため、どこかで歪が生じます。


「伝達通りに動かない」「自主的な行動が見られない」など、

気が付けば上司の一人芝居になっていることも。

一人ひとりのメンバーが意志のある人間ですから、

上司と部下の関係性を見直す必要があります。


そこで目を向けて欲しいのが『ヨコの関係性』です。

ヨコの関係性を築くということは、

決して「なぁなぁな関係になる」ことではありません。


お互いの立場による依存関係をたちきり、

責任あるリーダーシップをしっかり持つということなんです。


まずは部下との接し方を見直し、部下への興味関心を深めていきましょう。

そこで非常に効果的なのが、部下に相談や質問をするという“対話”です。

上司から見ると部下は、知識や経験で足りない所もあるでしょう。

ですが、少なくとも自身と部下は違う存在。

対話を通じて、部下の新しい一面や、自分も部下も持っていなかった新しい選択肢を対話の中で発見することができるかもしれません。


■「最近の若い連中は理解できない」

この一文だけを見ると、それだけで相容れない関係性が完成しそうですが……。

「だから、私が理解できない○○について教えて欲しい」という視点

話ができればどうでしょう。自分の考えに敬意を持って接してくれている。

興味を持ってくれていると分かると、ぐっと距離が近づいた気がしませんか?


上司が部下に相談(質問)することで、部下も上司から学べることがあります。

対話の中で激論し、時には対立することもあるかもしれません。

でも、それが建設的であれば上司・部下・ひいてはチームの学びのきっかけになるのです。


■1on1での共通点

チーム全体でなく、上司と部下2人だけが共有する特技や趣味・問題意識などを中心に

対話をすることも大切です。お互いの物事の捉え方が分かり、自然とすり合わされて重なる部分が増えていきます。上司はこのような対話をチーム全体と何度も重ねて、

最終的にはチーム全員の価値観が重なった状態を生み出すことを目指すのです。


停滞するチームの成長や、マネジメント状況の打破をお考えの方は、

ぜひ一度『タテとヨコの関係性』を見直してみてはいかがでしょうか。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

各種研修カリキュラムの立案が可能です。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。 昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。 東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、 従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。 コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、 Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、 一般化していくことが予想されます。

リモトラ~新入社員研修~

こんにちは、リアルナです。 2020年初頭から世界中を震撼させている新型コロナ。 日本においても、“緊急事態宣言”と“まん延防止等重点措置”を繰り返し、 『ウィズコロナ』を視野に入れざるを得ない状況にあります。 ウィズコロナ時代の新しい日常「ニューノーマル」は、 オンラインを活用したリモートワークが主流に。 一般的なビジネスマナーに加え“オンラインでの立居振舞”の習得が、 新入社員に求められるよう

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。 今回は今、ビジネスシーンで重要視されている 『確・連・報』(カクレンボウ) についてお伝えします。 言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。 カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。 部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。 「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。 ■自立した人材育成 分か