検索
  • realna

テキストコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。


リモート下における、コミュニケーションのコツ第2弾!

テキストコミュニケーションを制すものは、テレワークを制す!


リモートワークでのコミュニケーションの中心となる、

テキストコミュニケーションのコツについてお話しします。


メールでも電話でも、何らかのアクションを起こす時は

「伝えたいことがある」「お願いがある」「確認したいことがある」など

“目的”があると思うのです。

姿が見えないからこそ、文章にも気遣いを添えていきましょう。


【1】真っ先に“目的”を書く

『メールを読む』という相手の時間を使う訳ですから、

できるだけ手短に正確に伝える必要があります。

まずは結論!「○○の件でご連絡しました」とはじめるだけで、

相手は瞬時に趣旨を理解することができます。


【2】一文一義

ダラダラと書かない!具体的には1文の中に句点「、」が2回以上出てきたら要注意。

文章が長くなってきている証拠です。

「なので」「ですが」を多用し、情報を盛り込みすぎず、

文章が苦手な人ほど、1文は短く。

スッキリとした文章を目指しましょう。


【3】ストレートにご注意!

1文は短くスッキリ!と伝えたばりですが、

あまりに事実をストレートに伝えすぎるのも問題。

表情や仕草が見えない分、言葉の印象が先行し、

意図せずしてきつく伝わってしまう可能性があります。

ネガティブな表現を避け、ポジティブな言い回しに変換させるのがポイントです。


(例)

×「意味がわかりません」

○「私の理解不足で恐縮ですが、もう一度ご説明いただけますと幸いです」


【4】お礼は具体的な内容を添えて

何かをしてもらってお礼伝える際に、

具体的に良かった点を伝えると、人間味のある文章になります。

「資料の作成ありがとうございました。特に3枚目のスライドには感動しました!」など。


【5】催促には逃げ道を

メールやチャットを送信したものの、相手から返信が来ないこともありますよね。

「○日○時に送付したメールはご確認いただけましたか」だと角が立つので、

「前回のメールは少しわかりにくかったかと思い、改めて連絡差し上げました」など、

“逃げ道” をつくっておくのが大切です。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

研修カリキュラムの立案を行ないます。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コーチングスキル~促進編~

こんにちは、リアルナです。 メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル“コーチング力”。 前回は“傾聴編”として、いかに聴くことが大切かというお話しをしました。 今回は、スキルや能力をより“促進”させるコーチ型アプローチをご紹介します。 ■質問(視点を変えるスキル) 知りたい事・確認したい事があれば、質問する。 というのが基本的な会話の流れですが、 コーチ型アプローチの場合は、 『

コーチングスキル~傾聴編~

こんにちは、リアルナです。 今回は、メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル 「コーチング力」についてお話しさせていただきます。 このコーチング力は特段新しいビジネススキルではなく、 効果的に後進を育成している人のコミュニケーションを観察し、 その特徴を体系化したものです。 コーチングスキルは細分化すると100以上あると言われていますが、 その全ては【3つの目的】を意識して適用さ

任せる力

こんにちは、リアルナです。 日々仕事を進めるにあたって「自分がやった方が早い」と思うことはありませんか? あなたがプレイヤーならOK! でも、リーダーや管理職に就いている方なら、危険信号! なぜなら、根本的に上司と部下は、果たすべき役割が全然違うからです。 今日は、管理職者にマストなスキル「任せる力」についてお話しします。 例えば、営業職の場合。何といっても最新の情報・市場動向がモノを言う営業。