検索
  • realna

デキル上司の逆!報連相

こんにちは、リアルナです。


部下から上司に対する報連相も大切ですが、

上司から部下への『逆・報連相』も負けず劣らず重要なことを御存知ですか?


オフィスで顔を合わせていたら、目から耳から、

多くの情報をキャッチすることができます。

しかしリモート下ではそうはいきません。


「最近、メンバーの主体性が感じられないな」

「リモート移行後1年がたち、グループに活気がない」

とお悩みの、管理職の方々!


逆・報連相を意識してみてはいかがでしょうか。


■逆!報告

上司:「この前、一緒に考えてもらった○○の企画、部長に提案したら好感触だったよ」

効果:部下の仕事に対する当事者意識が高まる


上司:「先日の幹部会の結果、来年は○○に重点をおいた事業方針になりそうだよ」

効果:部下自身の仕事と会社の方針が繋がり、仕事の目線が上がる


■逆!連絡

上司:「○○部主催の商品会議、営業トークに活かせそうだから行ってみたら?」

効果:部下のスキルアップ!仕事の幅が広がる


上司:「○○君が異動になったのはこういう理由だから、あなたはそのまま頑張ってね」

効果:担当変更や異動などの大きな変化の説明があると、安心して働ける


■逆!相談

上司:「次回のキャンペーンなんだけど、現場を回ってみて何か良いアイデアない?」

効果:意思決定に加わることで、部下は能動的に仕事に取り組むようになる


上司:「部署の評価方法を変更しようと思うのだけれど、○○君はどう思う?」

効果:検討段階から巻き込むことで、部下の主体性がアップする


上司から部下へ逆・報連相することで、

部下は普段よりも一段上の情報を知ることが出来ます。


目線が上がれば、おのずと主体的に業務に取り組むようになり、

一人ひとりの意識が変われば組織は目に見えて活性化するのです。


また、逆・報連相を通じて

部下は「自分を一人前として扱ってくれている」と感じ、

安心して上司を信頼することができます。

そうすると、不思議と部下からの報連相も増え、

密度の濃いコミュニケーションを図ることが出来るのです。


働きやすい職場づくりや円滑なマネジメントには、

上司からの逆・報連相が一役買っていたのです。


報連相を待っている自分に気付いたら、

まずは自分から部下へ報連相をしてみてはいかがでしょうか。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

社員研修やビジネスマナー等の研修カリキュラムの立案を行ないます。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コーチングスキル~促進編~

こんにちは、リアルナです。 メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル“コーチング力”。 前回は“傾聴編”として、いかに聴くことが大切かというお話しをしました。 今回は、スキルや能力をより“促進”させるコーチ型アプローチをご紹介します。 ■質問(視点を変えるスキル) 知りたい事・確認したい事があれば、質問する。 というのが基本的な会話の流れですが、 コーチ型アプローチの場合は、 『

コーチングスキル~傾聴編~

こんにちは、リアルナです。 今回は、メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル 「コーチング力」についてお話しさせていただきます。 このコーチング力は特段新しいビジネススキルではなく、 効果的に後進を育成している人のコミュニケーションを観察し、 その特徴を体系化したものです。 コーチングスキルは細分化すると100以上あると言われていますが、 その全ては【3つの目的】を意識して適用さ

任せる力

こんにちは、リアルナです。 日々仕事を進めるにあたって「自分がやった方が早い」と思うことはありませんか? あなたがプレイヤーならOK! でも、リーダーや管理職に就いている方なら、危険信号! なぜなら、根本的に上司と部下は、果たすべき役割が全然違うからです。 今日は、管理職者にマストなスキル「任せる力」についてお話しします。 例えば、営業職の場合。何といっても最新の情報・市場動向がモノを言う営業。