検索
  • realna

デキル人の!インプットとアウトプット

こんにちは、リアルナです。


学生時代は個人の裁量で

インプットしテストや受験等でアウトプットすれば良かったのが、

ビジネス社会では

『多くの人に考えを伝え、正しく理解してもらい“動いて”もらうこと』

が必要になります。


営業シーンでの提案やプレゼン、そのための資料作り、

社内外の人とのメール1つもアウトプットです。


あなたのアウトプットがビジネスの成長や成果に直結するため、

その重要性が注視されています。


同じ経験、同じ状況、同じ環境にも関わらず、

数年でビジネスパーソンとして大きな差が出る理由は何か。


それは、インプットとアウトプットの“質”にあります。

まずは“デキル人”のインプットとアウトプットをマネる所からはじめてみましょう。


■ひとつの経験から多くを学ぶ

『営業として難しい顧客を担当することになった』2人の営業の行動・思考

【営業A】お客様を怒らせないように、とりあえず言いなりになってやり過ごした。 【営業B】なぜ無茶な要望をされるのか。何を考えているのか。困難な状況を打開するために、周囲に相談。何とかしてお客様に“価値”を提供しようと考えた。


結果として、2人の営業は結果を出せず、担当を外れることになりました。

ですが2人の経験値に大きく差ができたのは明らかです。

ひとつの物事から何かを得ようとする気持ちが、大きなインプットに繋がるのです。


■学びをアウトプットする

学んだことは出来る限り早くアウトプットする。

おすすめはSNSに投稿することです。


スマホ1台で手軽ですし、何よりコメント欄よりフィードバックを受けることができます。

顔を合わせず、他人の価値観とすり合わせが出来る絶好のチャンス!

苦い意見もあるかもしれませんが、まずは一旦受け止める。

多様性を知ることは間違いなくプラスになります。


他にもアウトプットして残すことで良いことが2つあります。

1つが、新人を指導する際のマニュアルになります。

2つ目は、自分自身の取り組みや興味・関心をSNSで拡散することで、

関連する情報が自然と集まってくることです。

「Aさんが○○について勉強していたから、このサイトを教えてあげよう」と言う風に。

スキルアップへの最短距離です。


このように、デキル人はひとつの物事から多くのアクションを起こしています。

「新人」と呼んでもらえる貴重な期間に、どれだけ経験を積んでおけるかが、

その後の成長に大きく関わると思うのです。


「新人」に甘んじるのか、「新人」を活かして経験を積むのか。

1年後にハッキリその結果が現れます。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

研修カリキュラムの立案を行ないます。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コーチングスキル~促進編~

こんにちは、リアルナです。 メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル“コーチング力”。 前回は“傾聴編”として、いかに聴くことが大切かというお話しをしました。 今回は、スキルや能力をより“促進”させるコーチ型アプローチをご紹介します。 ■質問(視点を変えるスキル) 知りたい事・確認したい事があれば、質問する。 というのが基本的な会話の流れですが、 コーチ型アプローチの場合は、 『

コーチングスキル~傾聴編~

こんにちは、リアルナです。 今回は、メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル 「コーチング力」についてお話しさせていただきます。 このコーチング力は特段新しいビジネススキルではなく、 効果的に後進を育成している人のコミュニケーションを観察し、 その特徴を体系化したものです。 コーチングスキルは細分化すると100以上あると言われていますが、 その全ては【3つの目的】を意識して適用さ

任せる力

こんにちは、リアルナです。 日々仕事を進めるにあたって「自分がやった方が早い」と思うことはありませんか? あなたがプレイヤーならOK! でも、リーダーや管理職に就いている方なら、危険信号! なぜなら、根本的に上司と部下は、果たすべき役割が全然違うからです。 今日は、管理職者にマストなスキル「任せる力」についてお話しします。 例えば、営業職の場合。何といっても最新の情報・市場動向がモノを言う営業。