検索
  • realna

リモートマネージメント~フィジカル編~

こんにちは、リアルナです。


リモートワークに切り替えるにあたってぜひ知っておいて欲しい、

『リモート トラスト』 略して“リモトラ”。

今回は【リモートマネジメント ~フィジカル編~】です。


リモートマネジメントのコンセプトである、

『メンバーの主体的行動を促す仕掛け』


実務においてもいくつかポイントがあります。大事なのは、

リスクを感じる状態に至った時に、通常のマネジメントより先手を打った状況確認や

リカバリーができるようにしておくことです。


■シミュレーション

ゴール(成果物や納期)が曖昧なままメンバーに仕事を振るのはNG!

加えて、マネージャーが大まかな手順や勘所を見据えておく必要があります。


■適切なタイムゴール

任せる仕事のスパンが長いと、途中段階が見えなくなります。

3ヶ月かかる案件であれば、1ヶ月・1週間とゴールを区切って任せることが有効です。


■権限委譲

事前の打ち合わせを綿密に行ない、出来る限り権限委譲すること。

逐一誰かの承認を得ていくスタイルでは、リモートワークの生産性が著しく下がってしまいます。


■報連相に依存しない

メンバーからの報告を待つのではなく、あらかじめ想定した勘所にさしかかるタイミングで「○○は終わった?」「△△はどう?」とプッシュ型のモニタリングを行ないましょう。


■完了確認

案件の区切りを明確にして、ダラダラと時間を消費することを避ける。

ゴールが明確になれば、メンバーを労うと共に、次の仕事へスムーズに移行できます。


良い成果が上がった時は、チームでシェアすることをオススメします。

リモート下で不足しがちな学習機会になるだけでなく、一体感を醸成することにも

繋がります。すぐ側でサポートできないからこそ、適性や能力・自立度や期待度に応じて、仕事内容を組み替えるなど柔軟な対応がマネージャーに求められるのです。


いかがでしたか?弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

「メンバーの主体的行動を促す コミュニケーション術」

をより実践的に学んでいただけます。


『リモートトラストアップ研修』の話を聞いてみたい!という方。

こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引継ぎ力

こんにちは、リアルナです。 新年度がスタートしました。 新入社員を迎えたり、人事異動があったり、まさに出会いと別れの季節ですね。 社内で人の出入りがあるということは、それだけ業務の流れが変わるということ。 そこで発生するのが、“引継ぎ”という業務です。 単発の案件であれば、引継ぎがうまくいっているかどうかで、 引継ぎを受けた側のその日の業務がスムーズにいくか否かが決まる と言っても過言ではありませ

気くばり力

こんにちは、リアルナです。 同じ状況下で物事を進めていても、 円滑に進める人・行き詰ってしまう人に分かれてしまう実態。 一体その理由は何でしょうか? もちろん複数のファクターが考えられますが、 そのひとつが“気くばり力”です。 人と人との見えない空気を気持ちよくする“気くばり”。 ほんの少しのことが、最終的には圧倒的な差となって結果に表れるのです。 ■全体を見る俯瞰力 ポイントのひとつが全体視点で

タテのヨコの関係性

こんにちは、リアルナです。 リモートワークで対面同様の関係性を築く、 『リモート トラスト』略して“リモトラ”。 突然ですが、「あなたの部下は相談をしてくれますか?」 「仕事にモチベーションを感じますか?」 今回は「チームを変える習慣力。タテとヨコの関係性」 というお話をさせていただきます。 “上司”という存在は“部下”を管理・支援しますよね。 その場合、どうしても上下関係つまり『タテの関係性』に

株式会社リアルナ

大阪市西区立売堀1-4-10 四ツ橋パークビル8F

06-4390-7188/06-7161-2446    

06-4390-7189

info@realna.co.jp

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © 2019 Realna Inc. All Rights Reserved.