検索
  • realna

リモートマネージメント~フィジカル編~

こんにちは、リアルナです。


リモートワークに切り替えるにあたってぜひ知っておいて欲しい、

『リモート トラスト』 略して“リモトラ”。

今回は【リモートマネジメント ~フィジカル編~】です。


リモートマネジメントのコンセプトである、

『メンバーの主体的行動を促す仕掛け』


実務においてもいくつかポイントがあります。大事なのは、

リスクを感じる状態に至った時に、通常のマネジメントより先手を打った状況確認や

リカバリーができるようにしておくことです。


■シミュレーション

ゴール(成果物や納期)が曖昧なままメンバーに仕事を振るのはNG!

加えて、マネージャーが大まかな手順や勘所を見据えておく必要があります。


■適切なタイムゴール

任せる仕事のスパンが長いと、途中段階が見えなくなります。

3ヶ月かかる案件であれば、1ヶ月・1週間とゴールを区切って任せることが有効です。


■権限委譲

事前の打ち合わせを綿密に行ない、出来る限り権限委譲すること。

逐一誰かの承認を得ていくスタイルでは、リモートワークの生産性が著しく下がってしまいます。


■報連相に依存しない

メンバーからの報告を待つのではなく、あらかじめ想定した勘所にさしかかるタイミングで「○○は終わった?」「△△はどう?」とプッシュ型のモニタリングを行ないましょう。


■完了確認

案件の区切りを明確にして、ダラダラと時間を消費することを避ける。

ゴールが明確になれば、メンバーを労うと共に、次の仕事へスムーズに移行できます。


良い成果が上がった時は、チームでシェアすることをオススメします。

リモート下で不足しがちな学習機会になるだけでなく、一体感を醸成することにも

繋がります。すぐ側でサポートできないからこそ、適性や能力・自立度や期待度に応じて、仕事内容を組み替えるなど柔軟な対応がマネージャーに求められるのです。


いかがでしたか?弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

「メンバーの主体的行動を促す コミュニケーション術」

をより実践的に学んでいただけます。


『リモートトラストアップ研修』の話を聞いてみたい!という方。

こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。 昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。 東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、 従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。 コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、 Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、 一般化していくことが予想されます。

リモトラ~新入社員研修~

こんにちは、リアルナです。 2020年初頭から世界中を震撼させている新型コロナ。 日本においても、“緊急事態宣言”と“まん延防止等重点措置”を繰り返し、 『ウィズコロナ』を視野に入れざるを得ない状況にあります。 ウィズコロナ時代の新しい日常「ニューノーマル」は、 オンラインを活用したリモートワークが主流に。 一般的なビジネスマナーに加え“オンラインでの立居振舞”の習得が、 新入社員に求められるよう

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。 今回は今、ビジネスシーンで重要視されている 『確・連・報』(カクレンボウ) についてお伝えします。 言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。 カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。 部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。 「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。 ■自立した人材育成 分か