検索
  • realna

リモートマネージメント~フィジカル編~

こんにちは、リアルナです。


リモートワークに切り替えるにあたってぜひ知っておいて欲しい、

『リモート トラスト』 略して“リモトラ”。

今回は【リモートマネジメント ~フィジカル編~】です。


リモートマネジメントのコンセプトである、

『メンバーの主体的行動を促す仕掛け』


実務においてもいくつかポイントがあります。大事なのは、

リスクを感じる状態に至った時に、通常のマネジメントより先手を打った状況確認や

リカバリーができるようにしておくことです。


■シミュレーション

ゴール(成果物や納期)が曖昧なままメンバーに仕事を振るのはNG!

加えて、マネージャーが大まかな手順や勘所を見据えておく必要があります。


■適切なタイムゴール

任せる仕事のスパンが長いと、途中段階が見えなくなります。

3ヶ月かかる案件であれば、1ヶ月・1週間とゴールを区切って任せることが有効です。


■権限委譲

事前の打ち合わせを綿密に行ない、出来る限り権限委譲すること。

逐一誰かの承認を得ていくスタイルでは、リモートワークの生産性が著しく下がってしまいます。


■報連相に依存しない

メンバーからの報告を待つのではなく、あらかじめ想定した勘所にさしかかるタイミングで「○○は終わった?」「△△はどう?」とプッシュ型のモニタリングを行ないましょう。


■完了確認

案件の区切りを明確にして、ダラダラと時間を消費することを避ける。

ゴールが明確になれば、メンバーを労うと共に、次の仕事へスムーズに移行できます。


良い成果が上がった時は、チームでシェアすることをオススメします。

リモート下で不足しがちな学習機会になるだけでなく、一体感を醸成することにも

繋がります。すぐ側でサポートできないからこそ、適性や能力・自立度や期待度に応じて、仕事内容を組み替えるなど柔軟な対応がマネージャーに求められるのです。


いかがでしたか?弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

「メンバーの主体的行動を促す コミュニケーション術」

をより実践的に学んでいただけます。


『リモートトラストアップ研修』の話を聞いてみたい!という方。

こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の