検索
  • realna

リモートマネージメント~フィジカル編~

こんにちは、リアルナです。


リモートワークに切り替えるにあたってぜひ知っておいて欲しい、

『リモート トラスト』 略して“リモトラ”。

今回は【リモートマネジメント ~フィジカル編~】です。


リモートマネジメントのコンセプトである、

『メンバーの主体的行動を促す仕掛け』


実務においてもいくつかポイントがあります。大事なのは、

リスクを感じる状態に至った時に、通常のマネジメントより先手を打った状況確認や

リカバリーができるようにしておくことです。


■シミュレーション

ゴール(成果物や納期)が曖昧なままメンバーに仕事を振るのはNG!

加えて、マネージャーが大まかな手順や勘所を見据えておく必要があります。


■適切なタイムゴール

任せる仕事のスパンが長いと、途中段階が見えなくなります。

3ヶ月かかる案件であれば、1ヶ月・1週間とゴールを区切って任せることが有効です。


■権限委譲

事前の打ち合わせを綿密に行ない、出来る限り権限委譲すること。

逐一誰かの承認を得ていくスタイルでは、リモートワークの生産性が著しく下がってしまいます。


■報連相に依存しない

メンバーからの報告を待つのではなく、あらかじめ想定した勘所にさしかかるタイミングで「○○は終わった?」「△△はどう?」とプッシュ型のモニタリングを行ないましょう。


■完了確認

案件の区切りを明確にして、ダラダラと時間を消費することを避ける。

ゴールが明確になれば、メンバーを労うと共に、次の仕事へスムーズに移行できます。


良い成果が上がった時は、チームでシェアすることをオススメします。

リモート下で不足しがちな学習機会になるだけでなく、一体感を醸成することにも

繋がります。すぐ側でサポートできないからこそ、適性や能力・自立度や期待度に応じて、仕事内容を組み替えるなど柔軟な対応がマネージャーに求められるのです。


いかがでしたか?弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

「メンバーの主体的行動を促す コミュニケーション術」

をより実践的に学んでいただけます。


『リモートトラストアップ研修』の話を聞いてみたい!という方。

こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アクティブリスニング(後編)

こんにちは、リアルナです。 深い関係性を構築するコミュニケーション手法のひとつ、アクティブリスニング。 今回は、より細分化したお話をさせていただきます。 アクティブリスニングには 「バーバル・コミュニケーション」「ノンバ—バル・コミュニケーション」 の2種類があります。 バーバル・コミュニケーションというのが、 “言葉”のやりとりによって相手の話を聞く、言語的コミュニケーション。 ノンバ—バル・コ

アクティブリスニング(前編)

こんにちは、リアルナです。 同じ悩みを複数の人に相談した時、 会話を終えた後“スッキリ”解決感のある時と“モヤモヤ”と腑に落ちない時が あるのはどうしてでしょう。 もちろん相談した人の人生経験やキャリアの違いもあるかもしれませんが、 実はもっと別の場所に理由があります。 「アクティブリスニング」という言葉を耳にしたことがありますか? 日本語にすると「積極的傾聴」。 カウンセリングにも使われるコミュ

タイムマネジメント

こんにちは、リアルナです。 「頼んだ(頼まれた)仕事が、直前になって出来ていない!」なんて、経験ありませんか?ビジネスにおいて“約束”の反故は、一瞬で信頼を失ういわばレッドカード。 そんなことにならないよう、 本日はタイムマネジメントについてお話しさせていただきます。 そもそも、タイムマネジメントとは。直訳すれば“時間管理”ですが、 ビジネスにおいては 『成果を上げるための仕事に注力できるよう自分