検索
  • realna

リモートマネージメント~メンタル編~

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く

『リモート トラスト』略して“リモトラ”。


今回のテーマは、

【リモートマネジメント~メンタル編~】です。

■マネジメントとリモートマネジメント

似て非なるもの、と考えていただいて等しいです。

対話の質量が減少することで、マネージャーは状況をタイムリーに把握できず、

メンバーは適宜評価を得られずモチベーションが低下するという問題が発生します。

かといって過剰管理を行なえばメンバーは「監視されている」と感じ、

意欲や生産性にマイナスに作用しかねません。

“リモトラ”あってのリモートワークです。


対面時よりも組織の健康状態を把握できる

『メンバーの主体的行動を促す、メンタルマネジメント』をご紹介します。

■支援と配慮のマネジメント 【関心】メンバーの強み・弱み・志向・価値観などに興味を持つ 【補完】個人の強みを活かして他者の弱みを補う 【環境】働きやすい環境づくりや人間関係に配慮する 【支援】メンバーを主役にして、業績が上がるよう支援する。また、仕事やキャリアの相談を歓迎する。

上記のポイントは通常のマネジメントではもちろんですが、

リモート上ではより重要となる事項です。


単なる仕事のTODOだけでなく

「メンバー個人のことを気に掛ける声かけ」を行なっていくことで、

メンバーは安心することができ、それが信頼につながり

チームに貢献しよう!という主体的な行動につながります。

顔色や空気感が読めないことは、マネジメントにおいて大きなディスアドバンテージです。だからこそ、誤解や勘違いのないコミュニケーションをしっかりと成立させる

必要があります。説明能力や文章力を磨いていくことで、

メンバーとより強固な“リモトラ”を築いていけるのではないでしょうか。

弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

メンバーとの信頼関係を増進させる「つながりを意識したコミュニケーション術」

を学んでいただけます。

『リモートトラストアップ研修』の話を聞いてみたい!という方。 こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アクティブリスニング(後編)

こんにちは、リアルナです。 深い関係性を構築するコミュニケーション手法のひとつ、アクティブリスニング。 今回は、より細分化したお話をさせていただきます。 アクティブリスニングには 「バーバル・コミュニケーション」「ノンバ—バル・コミュニケーション」 の2種類があります。 バーバル・コミュニケーションというのが、 “言葉”のやりとりによって相手の話を聞く、言語的コミュニケーション。 ノンバ—バル・コ

アクティブリスニング(前編)

こんにちは、リアルナです。 同じ悩みを複数の人に相談した時、 会話を終えた後“スッキリ”解決感のある時と“モヤモヤ”と腑に落ちない時が あるのはどうしてでしょう。 もちろん相談した人の人生経験やキャリアの違いもあるかもしれませんが、 実はもっと別の場所に理由があります。 「アクティブリスニング」という言葉を耳にしたことがありますか? 日本語にすると「積極的傾聴」。 カウンセリングにも使われるコミュ

タイムマネジメント

こんにちは、リアルナです。 「頼んだ(頼まれた)仕事が、直前になって出来ていない!」なんて、経験ありませんか?ビジネスにおいて“約束”の反故は、一瞬で信頼を失ういわばレッドカード。 そんなことにならないよう、 本日はタイムマネジメントについてお話しさせていただきます。 そもそも、タイムマネジメントとは。直訳すれば“時間管理”ですが、 ビジネスにおいては 『成果を上げるための仕事に注力できるよう自分