検索
  • realna

リモートマネージメント~メンタル編~

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く

『リモート トラスト』略して“リモトラ”。


今回のテーマは、

【リモートマネジメント~メンタル編~】です。

■マネジメントとリモートマネジメント

似て非なるもの、と考えていただいて等しいです。

対話の質量が減少することで、マネージャーは状況をタイムリーに把握できず、

メンバーは適宜評価を得られずモチベーションが低下するという問題が発生します。

かといって過剰管理を行なえばメンバーは「監視されている」と感じ、

意欲や生産性にマイナスに作用しかねません。

“リモトラ”あってのリモートワークです。


対面時よりも組織の健康状態を把握できる

『メンバーの主体的行動を促す、メンタルマネジメント』をご紹介します。

■支援と配慮のマネジメント 【関心】メンバーの強み・弱み・志向・価値観などに興味を持つ 【補完】個人の強みを活かして他者の弱みを補う 【環境】働きやすい環境づくりや人間関係に配慮する 【支援】メンバーを主役にして、業績が上がるよう支援する。また、仕事やキャリアの相談を歓迎する。

上記のポイントは通常のマネジメントではもちろんですが、

リモート上ではより重要となる事項です。


単なる仕事のTODOだけでなく

「メンバー個人のことを気に掛ける声かけ」を行なっていくことで、

メンバーは安心することができ、それが信頼につながり

チームに貢献しよう!という主体的な行動につながります。

顔色や空気感が読めないことは、マネジメントにおいて大きなディスアドバンテージです。だからこそ、誤解や勘違いのないコミュニケーションをしっかりと成立させる

必要があります。説明能力や文章力を磨いていくことで、

メンバーとより強固な“リモトラ”を築いていけるのではないでしょうか。

弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

メンバーとの信頼関係を増進させる「つながりを意識したコミュニケーション術」

を学んでいただけます。

『リモートトラストアップ研修』の話を聞いてみたい!という方。 こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の