検索
  • realna

リモートマネージメント~メンタル編~

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く

『リモート トラスト』略して“リモトラ”。


今回のテーマは、

【リモートマネジメント~メンタル編~】です。

■マネジメントとリモートマネジメント

似て非なるもの、と考えていただいて等しいです。

対話の質量が減少することで、マネージャーは状況をタイムリーに把握できず、

メンバーは適宜評価を得られずモチベーションが低下するという問題が発生します。

かといって過剰管理を行なえばメンバーは「監視されている」と感じ、

意欲や生産性にマイナスに作用しかねません。

“リモトラ”あってのリモートワークです。


対面時よりも組織の健康状態を把握できる

『メンバーの主体的行動を促す、メンタルマネジメント』をご紹介します。

■支援と配慮のマネジメント 【関心】メンバーの強み・弱み・志向・価値観などに興味を持つ 【補完】個人の強みを活かして他者の弱みを補う 【環境】働きやすい環境づくりや人間関係に配慮する 【支援】メンバーを主役にして、業績が上がるよう支援する。また、仕事やキャリアの相談を歓迎する。

上記のポイントは通常のマネジメントではもちろんですが、

リモート上ではより重要となる事項です。


単なる仕事のTODOだけでなく

「メンバー個人のことを気に掛ける声かけ」を行なっていくことで、

メンバーは安心することができ、それが信頼につながり

チームに貢献しよう!という主体的な行動につながります。

顔色や空気感が読めないことは、マネジメントにおいて大きなディスアドバンテージです。だからこそ、誤解や勘違いのないコミュニケーションをしっかりと成立させる

必要があります。説明能力や文章力を磨いていくことで、

メンバーとより強固な“リモトラ”を築いていけるのではないでしょうか。

弊社の『リモートトラストアップ研修』では、

メンバーとの信頼関係を増進させる「つながりを意識したコミュニケーション術」

を学んでいただけます。

『リモートトラストアップ研修』の話を聞いてみたい!という方。 こちらよりお気軽にご相談ください。御社に合ったスタイルの研修をカスタマイズします。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。 昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。 東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、 従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。 コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、 Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、 一般化していくことが予想されます。

リモトラ~新入社員研修~

こんにちは、リアルナです。 2020年初頭から世界中を震撼させている新型コロナ。 日本においても、“緊急事態宣言”と“まん延防止等重点措置”を繰り返し、 『ウィズコロナ』を視野に入れざるを得ない状況にあります。 ウィズコロナ時代の新しい日常「ニューノーマル」は、 オンラインを活用したリモートワークが主流に。 一般的なビジネスマナーに加え“オンラインでの立居振舞”の習得が、 新入社員に求められるよう

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。 今回は今、ビジネスシーンで重要視されている 『確・連・報』(カクレンボウ) についてお伝えします。 言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。 カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。 部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。 「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。 ■自立した人材育成 分か