検索
  • realna

リモートワークにおいて「顔出しの重要性」

こんにちは、リアルナです。


リモートトラスト略して“リモトラ”

今回お伝えするのは『顔出し』について。


社内セキュリティの問題や、企業様の決定事項もあるかと思いますが

可能であれば『顔出し』をオススメしております。


「若い世代が顔出しを嫌がる」

「音声だけのやりとりで問題ないのでは」

「在宅ワークなのに化粧をするのが大変」…

などのご相談をよく聞くようになったのですが、御社ではいかがでしょうか。


気持ちは、なんとなく分かります。

ですが、『顔出し』でzoomやteamsなどのWeb会議システムを通じた

コミュニケーションで、大きなメリットがあるのも事実です。


どうしてもオンラインではリアルよりも距離感を掴みづらいのはご存知のとおり。

今言ったことを理解できているか?納得しているか?を

「表情」から掴めるのは大きな利点です。


また、良い意味で緊張感が保てるのもメリットに感じています。

姿が見えていると本能的に「キチンとしよう」と背筋が伸びますから。


何より「笑顔」は相手に安心感を与えます。

人間の脳は「顔(笑顔)」に反応するようになっているそうです。

まだ目がうっすらとしか見えていない赤ちゃんが、

最初に認識するのが両親の「顔」であるように。


愛する人になかなか会えない人は、「一目会いたい」と願いますよね。

手や足じゃない、声だけでもない。「顔」が見たいのです!!


「顔」を合わせていると、自然と相手に好感や信頼感を持ちます。

組織運営において、相互信頼は不可欠です。そう考えると、

「会議さえできれば顔なんて出さなくていい」とは安易に言えなくなるのではないでしょうか。


Web会議システムを用いる際は、

カメラをオンにして、ぜひマスクを外して「笑顔」というツールを存分に

使ってみてくださいね。


211回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アクティブリスニング(後編)

こんにちは、リアルナです。 深い関係性を構築するコミュニケーション手法のひとつ、アクティブリスニング。 今回は、より細分化したお話をさせていただきます。 アクティブリスニングには 「バーバル・コミュニケーション」「ノンバ—バル・コミュニケーション」 の2種類があります。 バーバル・コミュニケーションというのが、 “言葉”のやりとりによって相手の話を聞く、言語的コミュニケーション。 ノンバ—バル・コ

アクティブリスニング(前編)

こんにちは、リアルナです。 同じ悩みを複数の人に相談した時、 会話を終えた後“スッキリ”解決感のある時と“モヤモヤ”と腑に落ちない時が あるのはどうしてでしょう。 もちろん相談した人の人生経験やキャリアの違いもあるかもしれませんが、 実はもっと別の場所に理由があります。 「アクティブリスニング」という言葉を耳にしたことがありますか? 日本語にすると「積極的傾聴」。 カウンセリングにも使われるコミュ

タイムマネジメント

こんにちは、リアルナです。 「頼んだ(頼まれた)仕事が、直前になって出来ていない!」なんて、経験ありませんか?ビジネスにおいて“約束”の反故は、一瞬で信頼を失ういわばレッドカード。 そんなことにならないよう、 本日はタイムマネジメントについてお話しさせていただきます。 そもそも、タイムマネジメントとは。直訳すれば“時間管理”ですが、 ビジネスにおいては 『成果を上げるための仕事に注力できるよう自分