検索
  • realna

伝えるチカラ~文章力~

こんにちは、リアルナです。


突然ですが「文章を書くのが苦手!」という方、いらっしゃいませんか?


思い返せば、小学校時代の作文や読書感想文も苦手だったと言う話をよく耳にします。

そしてみなさん口をそろえて言うのが「何を書いていいのか分からない」という言葉。


では、算数のように“公式”があればいかがでしょうか?


実は、文章作成にも公式があるのです!


■情報を整理しよう

文章を書くということは、何か伝えたい事(目的)があるはずです。

まずは【5W1H】

「Who(誰に)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「What(なにを)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」を明確にしましょう。


■構成テンプレートにあてはめよう

この構成テンプレートが、文章作成の“公式”です!

今回は2種類のテンプレートをご紹介します。


1起承転結

ストーリーの基本は4コマ漫画と言ってもいいほど、「起承転結」はスキのない構成です。

【起(説明)】最初に物語の舞台や主人公の置かれている状況を説明

【承(展開)】状況が進んでいく中で様々な事件が発生。主人公がそれに対峙する

【転(転化)】状況がガラリと変わり、クライマックスに向けて始動

【結(結実)】すべてが一つに繋がり、物語が終幕


2PREP(プレップ)法

こちらはビジネスシーンでよく用いられる“公式”。スピーチや小論文、自己PR、ブログ

などあらゆる文章作成に応用できる、万能テンプレートです。

【P】Point(結論):今回私がお伝えしたいのは~です。

【R】Reason(理由):なぜなら~だからです。

【E】Example(具体例):たとえば~

【P】Point(結論):よって~なのです。⇒納得


最初に結論を伝えてしまうため、読み手(聞き手)を飽きさせません。

話の骨子がしっかりしているため、ダレずに・ブレずに、内容を伝えることができます。


しかし、デメリットもあります。

理詰めで相手に納得していただく技術になるため、

押し付け感が強くなってしまうことです。


それを回避するのが、次回以降にお伝えする「表現力」「発想力」になります。


まずは、文末表現等は気にせず、

とにかく“公式”にあてはめて、必要事項が盛り込まれた文章を完成させましょう。

アウトラインさえ完成してしまえば、あとは客観的に文章を見て精査していけます。


文章作成最大のコツは、1発で完璧な文章を書こうとしないことです!


リアルナではビジネスに欠かせない基本的なスキルの、各種研修カリキュラムの立案を承っております。ビジネススキルは、早期に身に付けるに越したことはありません。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ABCの法則~挨拶の重要性~

こんにちは、リアルナです。 デキル人がやっている行動規範、『ABC』を御存知ですか? A(当たり前のことを)B(バカにせず)C(ちゃんとやる)の略です。 今日はそんな日常の“当たり前”、「あいさつ」の重要性についてお話しします。 挨拶には驚くべきパワーがあります。 何といっても、デメリットなし! ノーリスクハイリターンのアクションです。 しかも時間も取らず、お金もかかりません。 そんな「あいさつ」

基本的な電話のマナー

こんにちは、リアルナです。 リモートワークで対面同様の関係性を築く、『リモート トラスト』 略して“リモトラ”。 コロナ禍が続く状況で、「電話」や「メール(文章)」の重要性が増しています。 今回は、初心に立ち返って「基本的な電話マナー」についてお伝えします。 ■基本的な電話マナー6選 【1】電話が鳴ったらスグに出る 受電までに3コール以上かかれば「(大変)お待たせいたしました」の一言を忘れずに。

バックトラッキング~すぐ実践できる聴き方のスキル~

こんにちは、リアルナです。 あなたが安心感や好感、信頼感を感じる方はどんな方ですか? あなたの話をよく聴いてくれたり、理解してくれたり、自分を「分かってくれている」 と感じる人ではないでしょうか? では、どうすれば信頼関係を築く“聴き方”ができるのか。 今回は、すぐ実践できる聴き方のスキル 「バックトラッキング」についてお伝えします。 ■バックトラッキングとは? カウンセラーやビジネスのプロが活用