検索
  • realna

伝えるチカラ~文章力~

こんにちは、リアルナです。


突然ですが「文章を書くのが苦手!」という方、いらっしゃいませんか?


思い返せば、小学校時代の作文や読書感想文も苦手だったと言う話をよく耳にします。

そしてみなさん口をそろえて言うのが「何を書いていいのか分からない」という言葉。


では、算数のように“公式”があればいかがでしょうか?


実は、文章作成にも公式があるのです!


■情報を整理しよう

文章を書くということは、何か伝えたい事(目的)があるはずです。

まずは【5W1H】

「Who(誰に)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「What(なにを)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」を明確にしましょう。


■構成テンプレートにあてはめよう

この構成テンプレートが、文章作成の“公式”です!

今回は2種類のテンプレートをご紹介します。


1起承転結

ストーリーの基本は4コマ漫画と言ってもいいほど、「起承転結」はスキのない構成です。

【起(説明)】最初に物語の舞台や主人公の置かれている状況を説明

【承(展開)】状況が進んでいく中で様々な事件が発生。主人公がそれに対峙する

【転(転化)】状況がガラリと変わり、クライマックスに向けて始動

【結(結実)】すべてが一つに繋がり、物語が終幕


2PREP(プレップ)法

こちらはビジネスシーンでよく用いられる“公式”。スピーチや小論文、自己PR、ブログ

などあらゆる文章作成に応用できる、万能テンプレートです。

【P】Point(結論):今回私がお伝えしたいのは~です。

【R】Reason(理由):なぜなら~だからです。

【E】Example(具体例):たとえば~

【P】Point(結論):よって~なのです。⇒納得


最初に結論を伝えてしまうため、読み手(聞き手)を飽きさせません。

話の骨子がしっかりしているため、ダレずに・ブレずに、内容を伝えることができます。


しかし、デメリットもあります。

理詰めで相手に納得していただく技術になるため、

押し付け感が強くなってしまうことです。


それを回避するのが、次回以降にお伝えする「表現力」「発想力」になります。


まずは、文末表現等は気にせず、

とにかく“公式”にあてはめて、必要事項が盛り込まれた文章を完成させましょう。

アウトラインさえ完成してしまえば、あとは客観的に文章を見て精査していけます。


文章作成最大のコツは、1発で完璧な文章を書こうとしないことです!


リアルナではビジネスに欠かせない基本的なスキルの、各種研修カリキュラムの立案を承っております。ビジネススキルは、早期に身に付けるに越したことはありません。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

VUCA(ブーカ)時代

こんにちは、リアルナです。 新型コロナウィルスの影響で、ビジネス環境や市場・組織・個人など あらゆるものを取り巻く環境は一転。 将来の予測が困難になっている状況が続いています。 この状況のことをビジネス用語では「VUCA(ブーカ)」 と言い、現在注目されています。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性

打率ではなく打数!

こんにちは、リアルナです。 突然ですが、上司に「やってみないか?」「任せてもいいか?」 と声をかけられた時。あなたならどう返答しますか? 研修医にバチスタ手術!みたいな無茶な話ではなく、通常業務の延長線上での話です。 「まだ経験が浅いから、もっとキャリアを積んでから請けよう」 「業務が立て込んでいるから、余裕ができてから請けよう」 なんてことを言っていたら、一生経験は浅いままですし、業務に余

デキル人の!インプットとアウトプット

こんにちは、リアルナです。 学生時代は個人の裁量で インプットしテストや受験等でアウトプットすれば良かったのが、 ビジネス社会では 『多くの人に考えを伝え、正しく理解してもらい“動いて”もらうこと』 が必要になります。 営業シーンでの提案やプレゼン、そのための資料作り、 社内外の人とのメール1つもアウトプットです。 あなたのアウトプットがビジネスの成長や成果に直結するため、 その重要性が注視されて