検索
  • realna

伝えるチカラ~表現力~

こんにちは、リアルナです。


前回(文章力)・前々回(語彙力)と、“伝えるチカラ”についてお話ししてきました。


この2つを抑えたうえで、より“伝わりやすい”文章にするために必要なのが、

本日お伝えする「表現力」です。



まず、基本的に文章は「読まれない」ということを覚えておきましょう。

なので、いかに短く!いかにキャッチ―に!伝えられるかが、

ビジネス文書における最大の表現力と言えます!


表現に気を取られると、修飾に修飾を重ね文章が長くなりがちです。

たくさん書いて褒められるのは、小学校の読書感想文まで。

本職のコピーライターさんさえ、

文章を書くのではなく「(文章を)削るのが仕事」と言う程です。


■文章校正力を鍛える

まずは作成した文章を声に出して読んでみましょう。

同じ文末表現が続いていないか、何度も同じことを伝えていないか、1文1義を守られているか。音読でひっかかる部分は、まどろっこしい表現になっていることが多いです。

上から目線に聞こえないか、第三者に読んでもらうのも良いでしょう。

校正の過程を経るだけで、随分と仕上がりが変わります。


残念ながら「表現力」や「発想力」は、これまでの積み重ねから来るものなので、

一朝一夕で身に付くものではありません。

ですが、ポイントを押さえれば劇的に文章の質が変わる手法があります。


■VAKトレーニング

V(Visual)=視覚、A(Auditory)=聴覚、K(Kinesthetic)=体感覚(臭覚・味覚・触覚など)を意識しながら、文章を作成するというトレーニングです。

Vなら見たものの感想を、Aなら聴こえたものの感想、

そしてKなら懐かしさや恐怖感・緊張感を伝えられます。

1つの物事に対して、より多くの“視点”を持つことで文章をより多彩に仕上げることができるのです。人間は五感によって、あらゆることを認識していますから。


3回に亘り、文章による“伝えるチカラ”をお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

ビジネス文書で必要なのは、あくまでも「分かりやすさ」です。

場合によっては、文章ではなく“箇条書き”の方が良いこともあるでしょう。


でもその判断が、ビジネス文書の表現力なのです。

読み手に配慮された文章は、必ず相手に伝わります。


リアルナではビジネスに欠かせない基本的なスキルの

各種研修カリキュラムの立案を承っております。

ビジネススキルは、早期に身に付けるに越したことはありません。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コーチングスキル~促進編~

こんにちは、リアルナです。 メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル“コーチング力”。 前回は“傾聴編”として、いかに聴くことが大切かというお話しをしました。 今回は、スキルや能力をより“促進”させるコーチ型アプローチをご紹介します。 ■質問(視点を変えるスキル) 知りたい事・確認したい事があれば、質問する。 というのが基本的な会話の流れですが、 コーチ型アプローチの場合は、 『

コーチングスキル~傾聴編~

こんにちは、リアルナです。 今回は、メンバーやチームがよりチカラを発揮できるマネジメントスキル 「コーチング力」についてお話しさせていただきます。 このコーチング力は特段新しいビジネススキルではなく、 効果的に後進を育成している人のコミュニケーションを観察し、 その特徴を体系化したものです。 コーチングスキルは細分化すると100以上あると言われていますが、 その全ては【3つの目的】を意識して適用さ

任せる力

こんにちは、リアルナです。 日々仕事を進めるにあたって「自分がやった方が早い」と思うことはありませんか? あなたがプレイヤーならOK! でも、リーダーや管理職に就いている方なら、危険信号! なぜなら、根本的に上司と部下は、果たすべき役割が全然違うからです。 今日は、管理職者にマストなスキル「任せる力」についてお話しします。 例えば、営業職の場合。何といっても最新の情報・市場動向がモノを言う営業。