検索
  • realna

伝えるチカラ~語彙力~

こんにちは、リアルナです。


社会生活を送るにあたって、意外と多い「伝える」という行為。

商品の魅力を伝えたり、保育所の連絡帳で子どもの様子を伝えたり。


その際に必要となるのが「語彙力」です。

語彙力がないと「すごい」「やばい」「わかる」「かわいい」などの簡単で便利な言葉で

会話を進めてしまい、残念なことに“頭が悪い”という印象を持たれてしまいます。


ではどうすれば良いか。


安心してください!語彙力は鍛えられます。

そもそも“語彙”には2種類あります。

「理解語彙」「使用語彙」です。


使用語彙とは、その言葉を聞いた時に、

自分が理解できる・意味の分かる言葉のこと。

例えば、犬・ワンワン・わんこ・犬ころ・子犬・愛犬・番犬など。

これらは「犬」の理解語彙です。どれを聞いても犬のことだと分かります。


「使用語彙」とは、会話や文章の文脈に合わせて使う語彙を指します。

例えば、「“愛犬”が急死して、まだ立ち直れない……」という文章。

“愛犬”は「犬」という用語を、最も話に沿った言葉で表しています。


つまり、「理解語彙」を増やし「使用語彙」をアウトプットする練習をすれば良いのです。


【語彙を増やして語彙力を上げる方法】


■知らない言葉を調べる

テレビでも世間話でも意識して聞いてみると、案外知らない言葉が出てきます。そんな時は躊躇せず調べてみましょう。分厚い辞書を開かなくても、Googleで充分!


■様々な情報に触れる

本や新聞が良いとされますが、まんがや雑誌・映画・ブログ・アニメなんでもOK!

情報を得る間口が広いほど、語彙力が豊かになります。


■自分の思考・世代が異なる人と話す

同世代との会話では絶対に出てこないワードがチラホラと顔を出します。

年齢層が上がるほど、ボキャブラリーが豊かなイメージです。


■言葉の言い換え

例え話の練習が大事。語彙力を高めることは、新しい言葉を覚えることに限りません。既に知っている言葉を、相手に分かりやすく表現できるチカラも大切です。


いかがだったでしょうか。

語彙力とはイコール「たくさんの語彙を知っている」ではありません。

みんなが知っている事を分かりやすい言葉に置き換えるスキルも、

語彙力を形成する立派な要素です。


池上彰さんや有吉弘行さんが人気なのも、

このスキルに長けているからではないでしょうか。


リアルナではビジネスに欠かせない基本的なスキルの、各種研修カリキュラムの立案を承っております。ビジネススキルは、早期に身に付けるに越したことはありません。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 SNSシリーズの第三弾! SNSに限らずですが、 “個人”ではなく“企業”の看板を背負って発言するときに注意するべきこと。 営業や商談にも通じる、NGワード&NGトークをご紹介していきます。 ■放送禁止用語 人格・人権を損なう言葉や肉体的・精神的な侮蔑の言葉を避けるのはもちろんのこと、 職業差別用語というものが放送禁止用語の中には多く含まれています。 例えば、看護婦やO

こんにちは、リアルナです。 三が日もあけ、少しずつ頭も身体もオフィシャルモードに戻していきましょう! 今回も、昨年末から続くSNSシリーズの第二弾。 今や、猫も杓子もSNS?!という時代ですが、 そもそも企業として『SNSをやるべきか否か』という根本的なお話しをします。 「同業他社がやっているから」「無料でPR・集客ができるから」と手を出しがちですが、まずは一旦立ち止まって。必ずしもSNSをやるこ

こんにちは、リアルナです。 今や若年層に限らず、幅広い年代で日常的に使われているSNS。 商品・サービスの認知拡大やブランディングなどに対して、 SNSが効果を発揮する機会は多く、 企業にとってSNS活用は欠かせないものとなっています。 今回は、そんなソーシャルメディアを本格活用する前に! 一度確認してほしい、注意事項をお伝えします。 広報担当やSNS担当の方は要チェックです! ※今回お伝えするS