検索
  • realna

伝えるチカラ~語彙力~

こんにちは、リアルナです。


社会生活を送るにあたって、意外と多い「伝える」という行為。

商品の魅力を伝えたり、保育所の連絡帳で子どもの様子を伝えたり。


その際に必要となるのが「語彙力」です。

語彙力がないと「すごい」「やばい」「わかる」「かわいい」などの簡単で便利な言葉で

会話を進めてしまい、残念なことに“頭が悪い”という印象を持たれてしまいます。


ではどうすれば良いか。


安心してください!語彙力は鍛えられます。

そもそも“語彙”には2種類あります。

「理解語彙」「使用語彙」です。


使用語彙とは、その言葉を聞いた時に、

自分が理解できる・意味の分かる言葉のこと。

例えば、犬・ワンワン・わんこ・犬ころ・子犬・愛犬・番犬など。

これらは「犬」の理解語彙です。どれを聞いても犬のことだと分かります。


「使用語彙」とは、会話や文章の文脈に合わせて使う語彙を指します。

例えば、「“愛犬”が急死して、まだ立ち直れない……」という文章。

“愛犬”は「犬」という用語を、最も話に沿った言葉で表しています。


つまり、「理解語彙」を増やし「使用語彙」をアウトプットする練習をすれば良いのです。


【語彙を増やして語彙力を上げる方法】


■知らない言葉を調べる

テレビでも世間話でも意識して聞いてみると、案外知らない言葉が出てきます。そんな時は躊躇せず調べてみましょう。分厚い辞書を開かなくても、Googleで充分!


■様々な情報に触れる

本や新聞が良いとされますが、まんがや雑誌・映画・ブログ・アニメなんでもOK!

情報を得る間口が広いほど、語彙力が豊かになります。


■自分の思考・世代が異なる人と話す

同世代との会話では絶対に出てこないワードがチラホラと顔を出します。

年齢層が上がるほど、ボキャブラリーが豊かなイメージです。


■言葉の言い換え

例え話の練習が大事。語彙力を高めることは、新しい言葉を覚えることに限りません。既に知っている言葉を、相手に分かりやすく表現できるチカラも大切です。


いかがだったでしょうか。

語彙力とはイコール「たくさんの語彙を知っている」ではありません。

みんなが知っている事を分かりやすい言葉に置き換えるスキルも、

語彙力を形成する立派な要素です。


池上彰さんや有吉弘行さんが人気なのも、

このスキルに長けているからではないでしょうか。


リアルナではビジネスに欠かせない基本的なスキルの、各種研修カリキュラムの立案を承っております。ビジネススキルは、早期に身に付けるに越したことはありません。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

VUCA(ブーカ)時代

こんにちは、リアルナです。 新型コロナウィルスの影響で、ビジネス環境や市場・組織・個人など あらゆるものを取り巻く環境は一転。 将来の予測が困難になっている状況が続いています。 この状況のことをビジネス用語では「VUCA(ブーカ)」 と言い、現在注目されています。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性

打率ではなく打数!

こんにちは、リアルナです。 突然ですが、上司に「やってみないか?」「任せてもいいか?」 と声をかけられた時。あなたならどう返答しますか? 研修医にバチスタ手術!みたいな無茶な話ではなく、通常業務の延長線上での話です。 「まだ経験が浅いから、もっとキャリアを積んでから請けよう」 「業務が立て込んでいるから、余裕ができてから請けよう」 なんてことを言っていたら、一生経験は浅いままですし、業務に余

デキル人の!インプットとアウトプット

こんにちは、リアルナです。 学生時代は個人の裁量で インプットしテストや受験等でアウトプットすれば良かったのが、 ビジネス社会では 『多くの人に考えを伝え、正しく理解してもらい“動いて”もらうこと』 が必要になります。 営業シーンでの提案やプレゼン、そのための資料作り、 社内外の人とのメール1つもアウトプットです。 あなたのアウトプットがビジネスの成長や成果に直結するため、 その重要性が注視されて