検索
  • realna

伝える力の極意

こんにちは、リアルナです。


突然ですが、人前で話をするのは得意ですか?

「何から話せばいいの?」「どうすれば伝わるの?」などと悩んでいませんか?


ビジネス本を熟読し、「序論」→「本論」→「結論」の順番で話す

『三段構成法』も意識している。

それなのに伝わらない!とお悩みの方にご覧いただきたい内容です。


■相手のレベルを無視していませんか?

自分が当たり前と思っていることでも、他人からすれば知らないことが多くあります。

自分が話すことについて、相手が「知っているはず」と過信せず、

「もしかして、知らないかも」と相手の知識レベルを考えて言葉を選ぶ必要があります。


■主語が不明、一文が長い

一文が長いと、聞き手は言葉を追うことに必死になり、

話しの内容まで頭の中に入ってきません。

知らない用語がたくさん使われていたらなおさらです。

そのため、一文は主語と述語を近づけて、なるべく短くすることで

伝わりやすい話し方になります。


■伝える、ではなく「伝わる」にこだわる

伝える、というのは話し手の一方的な行為です。

相手が「わかった」とうなずいても、

話し手の意図した通りに伝わっていなければ意味がありません。

「伝わる」というのは、

自分が想像した通りの光景を、相手にも同じように想像してもらうことです。

上手く伝えることよりも、「相手に伝わる」ことを第一に考えましょう。


■相手ありきのコミュニケーション

話す、というのは相手ありきの行為です。

話すからには相手に伝わらなければ意味がありませんし、

伝わったのならば、行動を起こしてもらう必要があります。

相手に伝わりやすくする話しの組み立て方はたくさんありますが、

表面的なテクニックだけを駆使しても、相手には伝わりません。

聞き手に“自分事”として捉えてもらわなければ、決して相手の心に届くことはないのです。


そのために

「何を伝えるか」「どこで伝えるか」「誰に伝えるか」「伝えてどうしたいのか」

を話す前にしっかりと考えるようにしましょう。

事前準備の段階で、ほとんど決まってしまうのです。

次回は、『準備8割本番2割』についてお話しします。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

体験型の研修カリキュラムの立案を行なっています。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の