検索
  • realna

気くばり力

こんにちは、リアルナです。

同じ状況下で物事を進めていても、

円滑に進める人・行き詰ってしまう人に分かれてしまう実態。


一体その理由は何でしょうか?

もちろん複数のファクターが考えられますが、

そのひとつが“気くばり力”です。


人と人との見えない空気を気持ちよくする“気くばり”。

ほんの少しのことが、最終的には圧倒的な差となって結果に表れるのです。


■全体を見る俯瞰力

ポイントのひとつが全体視点です。

自己中心的・視野の狭い人は気くばりが苦手な傾向にあります。

物事の“全体像”を把握できれば、次に求められるであろう一手を先に読むことが可能。

相手を俯瞰的に観察することで、タイミングよく効果的な一言を掛けることができます。


俯瞰(フカン)とは?…ビジネス用語で「広い視野で客観的に見る」という意。

類似語の「客観」は“他人や一般的な視点”、「鳥瞰」は空を飛ぶ鳥のように

「上空から真下を見る視点」として使用します。


■相手の五感に注目

人間は“共感”する生き物ですから、相手のキモチを察知することは非常に有効です。

「うるさい?」「寒い?」「疲れている?」「いいことあった?」など、

パフォーマンスを左右する感情をキャッチしたらコミュニケーションのチャンス!

その時は「寒くないですか?エアコンの温度をあげましょうか?」など、

【共感+α】で声を掛けてみましょう。グッと距離が縮まります。


■気付きと気遣い

“気くばり力”の最大化を図るポイントとなるのが、“気付き”です。

気付きが些細であればあるほど、手厚く相手を気遣うことができます。

人は自分を見てくれている、興味関心を持ってくれていると感じると、

その相手に好感を抱きます。立場でなく人間として信頼関係を構築できれば、

コミュニケーションはより円滑になり、自然と仕事の枠を広げられ、

更なる成果に繋がるのです。


最後に、これはコミュニケーションの基本ではありますが……。

考えがあっても相手の意見をすぐに否定せず、一度受け入れることが大切。

コミュニケーションに対する“気くばり”です。

多彩なアイデアや意見は、自由に発言できる環境から生まれます。

プロジェクトの進捗が停滞していると感じたら、

対社外の関係者へはもちろん対社内の人に対しても

“気くばり”を意識してみてはいかがでしょうか。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

各種研修カリキュラムの立案が可能です。

ビジネススキルにはテクニックが存在します!

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論(PM理論)を、連載でお伝えしております。 突然ですがリーダーって何でしょうか?組織のまとめ役を便宜上“リーダー”と呼称し、 社員一人ひとりが“リーダーシップ”を持っていればどうなるのでしょうか。 リーダーシップに必要な要素は、「仕事」「責任」「信頼」。才能ではなく、 仕事として責任を持って組織をけん引することです。 リーダーにな

こんにちは、リアルナです。 特別連載でお送りしている「PM理論」。 今週はP機能にフォーカスを当ててお伝えします。 ≪P機能(マネジメント目標達成能力)の鍛え方≫ 目標達成を実現するためには、 【目標設定】【行動を継続】【行動の振返り】という3つのプロセスが必要です。 【目標設定】 ・無理なく達成できる目標か ・本当に達成しなければならない目標か ・達成した際に、どのようなメリットがあるのか

こんにちは、リアルナです。 先週から公開している特別連載「PM理論」今週も引き続きお伝えしていきます。 まずは画像2枚目の図をご覧ください。この図にあてはめ、マッピングしていきます。 ◆P機能(Performance function:目標達成機能) ◆M機能(Maintenance function:集団維持機能) 【どんな時に『PM理論』を活用するのか】 ■ “リーダー候補者の強み・弱み”を整