検索
  • realna

気くばり力

こんにちは、リアルナです。

同じ状況下で物事を進めていても、

円滑に進める人・行き詰ってしまう人に分かれてしまう実態。


一体その理由は何でしょうか?

もちろん複数のファクターが考えられますが、

そのひとつが“気くばり力”です。


人と人との見えない空気を気持ちよくする“気くばり”。

ほんの少しのことが、最終的には圧倒的な差となって結果に表れるのです。


■全体を見る俯瞰力

ポイントのひとつが全体視点です。

自己中心的・視野の狭い人は気くばりが苦手な傾向にあります。

物事の“全体像”を把握できれば、次に求められるであろう一手を先に読むことが可能。

相手を俯瞰的に観察することで、タイミングよく効果的な一言を掛けることができます。


俯瞰(フカン)とは?…ビジネス用語で「広い視野で客観的に見る」という意。

類似語の「客観」は“他人や一般的な視点”、「鳥瞰」は空を飛ぶ鳥のように

「上空から真下を見る視点」として使用します。


■相手の五感に注目

人間は“共感”する生き物ですから、相手のキモチを察知することは非常に有効です。

「うるさい?」「寒い?」「疲れている?」「いいことあった?」など、

パフォーマンスを左右する感情をキャッチしたらコミュニケーションのチャンス!

その時は「寒くないですか?エアコンの温度をあげましょうか?」など、

【共感+α】で声を掛けてみましょう。グッと距離が縮まります。


■気付きと気遣い

“気くばり力”の最大化を図るポイントとなるのが、“気付き”です。

気付きが些細であればあるほど、手厚く相手を気遣うことができます。

人は自分を見てくれている、興味関心を持ってくれていると感じると、

その相手に好感を抱きます。立場でなく人間として信頼関係を構築できれば、

コミュニケーションはより円滑になり、自然と仕事の枠を広げられ、

更なる成果に繋がるのです。


最後に、これはコミュニケーションの基本ではありますが……。

考えがあっても相手の意見をすぐに否定せず、一度受け入れることが大切。

コミュニケーションに対する“気くばり”です。

多彩なアイデアや意見は、自由に発言できる環境から生まれます。

プロジェクトの進捗が停滞していると感じたら、

対社外の関係者へはもちろん対社内の人に対しても

“気くばり”を意識してみてはいかがでしょうか。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

各種研修カリキュラムの立案が可能です。

ビジネススキルにはテクニックが存在します!

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引継ぎ力

こんにちは、リアルナです。 新年度がスタートしました。 新入社員を迎えたり、人事異動があったり、まさに出会いと別れの季節ですね。 社内で人の出入りがあるということは、それだけ業務の流れが変わるということ。 そこで発生するのが、“引継ぎ”という業務です。 単発の案件であれば、引継ぎがうまくいっているかどうかで、 引継ぎを受けた側のその日の業務がスムーズにいくか否かが決まる と言っても過言ではありませ

タテのヨコの関係性

こんにちは、リアルナです。 リモートワークで対面同様の関係性を築く、 『リモート トラスト』略して“リモトラ”。 突然ですが、「あなたの部下は相談をしてくれますか?」 「仕事にモチベーションを感じますか?」 今回は「チームを変える習慣力。タテとヨコの関係性」 というお話をさせていただきます。 “上司”という存在は“部下”を管理・支援しますよね。 その場合、どうしても上下関係つまり『タテの関係性』に

アンコンシャス・バイアス(後編)

こんにちは、リアルナです。 3月に入り、期末で忙しいという方も多いのではないでしょうか。 知らず知らずにうちに、険しい顔になっていませんか。 “笑顔にブランクなし”です!組織の雰囲気を良くしてパフォーマンスを上げるために、 『アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)』の後編をお伝えします! ■アンコンシャス・バイアス(アンコン)に取り組む5つの効果 ・リーダーが自覚的を持って適切に対処することで、

株式会社リアルナ

大阪市西区立売堀1-4-10 四ツ橋パークビル8F

06-4390-7188/06-7161-2446    

06-4390-7189

info@realna.co.jp

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © 2019 Realna Inc. All Rights Reserved.