検索
  • realna

共感力

こんにちは、リアルナです。


突然ですが、こんなことを感じたことはありませんか?

「同じ指示をしているのに、同僚のAさんの方がうまく周りを巻き込んで

仕事を円滑に進めている」。

これは「共感力」の差です。


そんな「共感力」が本日お話しする内容。

最初にお伝えしたいのが、「共感」と「共感力」は違うという事です。

「共感」は、他人の考えや主張に同調するという意。

「共感力」は、共感を通じて相手の“信頼”を得たり、“承認欲求”を満たすという意味があります。


《共感力に長けている人の特長》

◆相手7割、自分3割で会話する

◆頭ごなしに否定しない

◆求められない限り、こちらからアドバイスしない


とにかく、相手が主役なのです。

まずはじっくりと話を聞く、ということを意識してみましょう。

とはいえ、「ただ聞くだけで共感できていることになるか?」というと、当然違います。


会話はキャッチボールですから。

ボールをもらったら、相手が心地よい場所に投げ返さなければなりません。


≪共感力をアップさせる方法≫

共感力は訓練でアップさせることが可能!

すぐに効果の出るテクニックを2つお伝えします。


◆話を「くときは「繰り返し」を使う

心理学者やカウンセラーの方が提唱する「バックトラッキング」という方法です。


(例)相手:「最近、残業がきつくて」 ⇒ 自分:「残業がきついんだ」

相手:「プレゼンが通って嬉しかった」 ⇒ 自分:「嬉しかったんですね」


相手が話したことを繰り返す、いわゆる“オウム返し”をすることで、

おもしろいほど相手の言いたい事を中心に会話を進めることができます。


深刻な話や相談等でも、同様です。

人は誰かに相談をする時、実はもう心の中に自分の答えを見付けているもの。

変に途中でアドバイスをするよりも、まずは相手の言いたい事(聞いて欲しいであろうこと)を聞いてあげた方が、相手と深いコミュニケーションを交わすことができます。


◆意見を言うときは「ひょっとしたら」「もしかして」

会話はキャッチボールですから、もちろん自分が意見を述べるタイミングが訪れます。

その際は、「ひょっとしたら○○じゃない?」「もしかしたら○○が役立つかも」

とワンクッション置いてみてください。


この「ひょっとしたら」「もしかして」という意見が一致すると、

「自分のことを理解してくれている」と相手は感じ、

あなたに対する好感度と信頼度がグンと高まります。


『共感力』とは、いわば相手に寄り添う気持ち。

この記事を読んで「はっ!」とした方は、

今一度自身のコミュニケーションを見直してみてはいかがでしょうか。


リアルナではビジネスに欠かせない基本的なスキルの、

各種研修カリキュラムの立案を承っております。

ビジネススキルは、早期に身に付けるに越したことはありません。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 SNSシリーズの第三弾! SNSに限らずですが、 “個人”ではなく“企業”の看板を背負って発言するときに注意するべきこと。 営業や商談にも通じる、NGワード&NGトークをご紹介していきます。 ■放送禁止用語 人格・人権を損なう言葉や肉体的・精神的な侮蔑の言葉を避けるのはもちろんのこと、 職業差別用語というものが放送禁止用語の中には多く含まれています。 例えば、看護婦やO

こんにちは、リアルナです。 三が日もあけ、少しずつ頭も身体もオフィシャルモードに戻していきましょう! 今回も、昨年末から続くSNSシリーズの第二弾。 今や、猫も杓子もSNS?!という時代ですが、 そもそも企業として『SNSをやるべきか否か』という根本的なお話しをします。 「同業他社がやっているから」「無料でPR・集客ができるから」と手を出しがちですが、まずは一旦立ち止まって。必ずしもSNSをやるこ

こんにちは、リアルナです。 今や若年層に限らず、幅広い年代で日常的に使われているSNS。 商品・サービスの認知拡大やブランディングなどに対して、 SNSが効果を発揮する機会は多く、 企業にとってSNS活用は欠かせないものとなっています。 今回は、そんなソーシャルメディアを本格活用する前に! 一度確認してほしい、注意事項をお伝えします。 広報担当やSNS担当の方は要チェックです! ※今回お伝えするS