検索
  • realna

PM理論④~リーダーとは?~

こんにちは、リアルナです。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論(PM理論)を、連載でお伝えしております。


突然ですがリーダーって何でしょうか?組織のまとめ役を便宜上“リーダー”と呼称し、

社員一人ひとりが“リーダーシップ”を持っていればどうなるのでしょうか。


リーダーシップに必要な要素は、「仕事」「責任」「信頼」。才能ではなく、

仕事として責任を持って組織をけん引することです。

リーダーになったら自然と備わる素養ではなく、

立場が上がる前にリーダーシップを身につけておく必要があります。

組織を構成する“人”は十人十色。リーダーにも、いろんな種類があります。


■ビジョンリーダーシップ

共通の夢や目標を掲げ、部下とともに成長をしていくことで組織全体をまとめる、

いわゆるカリスマタイプのリーダー。

ブレない信念と人間力で、部下を導きます。


■コーチングリーダーシップ

メンバー1人ひとりの力を引き出し、組織全体の成長を目指します。

自分の意見を押し付けるのではなく、メンバーの意思を尊重し、

最大限活躍できるよう配慮するので信頼されやすいのが特徴です。


■調整リーダーシップ

意思決定プロセスにメンバーを参加させ、民主的に意思決定をするのが、

調整リーダーシップ型。

メンバーの意見を積極的に取り入れ、チームとして納得できる意見に集約するため、

メンバーのモチベーションを上げることができます。


■関係重視リーダーシップ

「仲良し型リーダー」とも呼ばれ、問題解決よりもチームの関係性を重視します。

チームメンバー同士が仲良く、快適に過ごせるようコミュニケーションを取り、

信頼関係を築くのが特徴です。


■実力リーダーシップ

リーダーが積極的に難しい仕事をこなすなど手本を見せ、メンバーの成長を促します。

具体的な指示はせず、自分が仕事をする姿から仕事を覚えさせるのが特徴。

プレイヤー型のリーダーといえます。


■強制命令リーダーシップ

メンバーに命令し、強制的に業務を進めるのが、

強制命令リーダーシップ型のリーダーです。

部下には意見を出す余地を与えず、リーダーの命令通り動くように指導します。


『ビジョンリーダーシップ』だけ、

『強制命令リーダーシップ』だけでは、うまくいかない。

組織のメンバー一人ひとりが自分を活かせる

“リーダーシップ”を持っていたらどうでしょうか。

その組織は無敵だと思いませんか?


リアルナではお客様が属する業界に即した、

体験型の研修カリキュラムの立案を行なっています。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 特別連載でお送りしている「PM理論」。 今週はP機能にフォーカスを当ててお伝えします。 ≪P機能(マネジメント目標達成能力)の鍛え方≫ 目標達成を実現するためには、 【目標設定】【行動を継続】【行動の振返り】という3つのプロセスが必要です。 【目標設定】 ・無理なく達成できる目標か ・本当に達成しなければならない目標か ・達成した際に、どのようなメリットがあるのか

こんにちは、リアルナです。 先週から公開している特別連載「PM理論」今週も引き続きお伝えしていきます。 まずは画像2枚目の図をご覧ください。この図にあてはめ、マッピングしていきます。 ◆P機能(Performance function:目標達成機能) ◆M機能(Maintenance function:集団維持機能) 【どんな時に『PM理論』を活用するのか】 ■ “リーダー候補者の強み・弱み”を整

こんにちは、リアルナです。 組織・管理職・チーム・リーダー……組織やグループをひとつにする “まとめ役”は必要不可欠なのは周知の事実。社歴を積めばリーダーになれるのか? 答えは明らかです。今回から連載で“リーダー”についてお話しします。 リーダーシップ行動理論の代名詞と言えば「PM理論」。 社会人であれば一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論のひ