検索
  • realna

PM理論⑤~信頼を得やすい人の特徴~

こんにちは、リアルナです。 みなさんの周りに、特別なことはしていないのに、不思議と信頼が厚い人っていませんか?仕事上での実績ももちろん大事ですが、信頼を得るためにはいくつかポイントがあります。職場でのふるまい方を変えるだけで、信頼の厚いリーダーに近づけるかもしれません。


■誠実さを見せる 嘘をつかない、悪口を言わない、愚痴を言わない、周りの意見にも耳を傾ける。

相手の立場に立って考える、途中で投げ出さないなど、

根底に誠実であるかどうかを部下は見ています。


■自分をさらけ出す 何を考えているか腹が見えない人は警戒心を持たれるため、

距離感を縮めることができません。

自身を開放して、オープンな姿勢が見えれば相手も壁を取り払ってくれるはずです

■周りのために動く姿勢を見せる 自分のメリットが無い場合でも、周りのために動く姿勢を持ちましょう。

組織全体から見ればプラスの動きになります。

そんなあなたの姿勢は、信用を集めるだけでなく、人間性も評価されます。

気が付けば、自分が困ったときに助けてくれる人が増えているでしょう。


■知識を蓄える努力を怠らない、学ぶ姿勢がある 専門的な知識がある方や常に新しい情報を取り入れている方は、

頼られ、信頼されやすくなります。

今はまだそこまでの知識がなくても、学ぶ姿勢を見せ続けることでその頑張りを評価され、信頼につながることでしょう。背中で語る良い例です。


■周囲を信頼して任せることができる 重要な仕事を周囲に任せることで信頼感を与えることができます。

重要な仕事を任されたら「信頼してくれている、頼られている」と

嬉しくなることでしょう。

何でも自分でやろうとする人は、意外と信頼を集めにくいものです。


■根拠がなくても、自信を持つ 自信なさ気に見える人に仕事の依頼をするのは気が進まないものです。

背筋を伸ばして、ハキハキ話すだけでも、自信があるように見えるはずです。

自信を持って仕事に取り組んでいると思われているか、

自分がどう見られているかを常に意識しましょう。

■自分の軸がぶれずにしっかりしている 周りの意見に左右されずに、自分の意志を貫くことも時には必要です。

自分の意見に一貫性が無く、コロコロ変わってしまうような姿勢では、

周りはついてきません。

信頼される人は自分の判断に責任を持っており、判断がぶれにくいものです。


【実績】も大事ですが、【実績だけ】では人はついきません。

自分自身を振り返り、振る舞いを見直してみてくださいね。


リアルナではお客様が属する業界に即した、

体験型の研修カリキュラムの立案を行なっています。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 毎日うだるような暑さが続きますね。 ただでさえイライラしやすいこの時期、 せめてコミュニケーションだけは円滑かつ爽快であってほしい。 そんな願いを込めて、今回はわかりやすい説明の構成を作るためのモデル 【PREP法】についてお話します。 ★当てはまる人は要注意! 「つまり何が言いたいの?」「結論から言って」「根拠は?」「整理してから話して」などと言われた経験があれば、ぜ

こんにちは、リアルナです。 年々関心が高まっている『健康経営』。 2週にわたり、当社が7月7日にリリースした新サービス、 健康経営サポートシステム『My ケンタス』についてお伝えしてきました。 導入前のオリエンテーションから、 実際の健康施策の運用・プログラム終了時の振り返りまでまるっとお任せ! 健康経営ご担当者の手を煩わせることなく、健康戦略の成果を上げることが可能です。 そんな、従業員様の“ケ

こんにちは、リアルナです。 前回に引き続き、当社が7月7日にリリースした新サービス、 健康経営サポートシステム『My ケンタス』についてお伝えします。 今回は、総務部や健康経営ご担当者の方必見!4つのポイントの後半2つのご紹介です。 ■健康経営サポートシステム『My ケンタス』とは? 「従業員様の健康づくり、健康意識の向上」をテーマとした 健康経営サポートシステムです。 専属の管理栄養士&パーソナ