検索
  • realna

PM理論⑧~真のリーダー論~

こんにちは、リアルナです。 7回にわたり、連載してきた「PM理論」。いよいよ今回がラストの配信です。〇〇能力、〇〇機能など仰々しい名称が登場しましたが、極めて平易にお伝えすれば“バランス”ではないかと感じています。 真のリーダーは、P機能(Performance function:目標達成機能)だけ高くても、M機能(Maintenance:集団維持機能)だけ高くても、結果を出し続けることはできませんから。


■PM理論は「パパ・ママ理論」?!

目標達成機能であるP機能は、父親のように力強いリーダーシップ。

集団維持機能であるM機能は、母親の母性のように受容してくれるリーダーシップ。

” リーダーには、父親のように時には厳しく指導してでも目標を達成させる力と、

母親のように何があっても支えるという受容性の2つの側面が必要だということです。


■リーダーシップに関する研究結果

米・心理学者が行なった、リーダーの行動を詳細に記述する質問票を用いた、

職場における観察調査やインタビュー。

結果、リーダーの半数以上の行動は「構造作り」と「配慮」の2つに

集約されることが明らかになりました。

「構造作り」というのは、組織が確実な成果を上げられるよう、

インフラを整えたり、部下の課題管理を徹底する行動を指します。

「配慮」というのは、部下と相互に信頼し合い、

より良い人間関係を維持しようとする行動を指します。

こちらもやはり、2面性がありました。

※ PM理論に当てはめると「構造作り」がP機能、「配慮」がM機能に該当します。


■PM理論総括

PM理論を知ることで、リーダー個人の強み、弱みを整理し、

足りない部分は伸ばしていくことができます。

また、PM理論を用いて、組織にいるリーダー陣の傾向を分析し、

組織の課題として把握することもできます。

PM理論を活用しリーダーの能力を伸ばすことで、

P機能、M機能をバランスよく兼ね備えた結果を出し続けるリーダーの排出を

可能になります。

また、組織という大きな目で見たときにP機能に長けた人材、

M機能に長けた人材をバランスよく配置することで、

チーム単位での高パフォーマンスを実現することができるのではないでしょうか。


成果を出し続ける組織には、良好な人間関係、結束したチームワークが不可欠です。

あなたが在籍する組織はいかがですか?


リアルナではお客様が属する業界に即した、

体験型の研修カリキュラムの立案を行なっています。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 毎日うだるような暑さが続きますね。 ただでさえイライラしやすいこの時期、 せめてコミュニケーションだけは円滑かつ爽快であってほしい。 そんな願いを込めて、今回はわかりやすい説明の構成を作るためのモデル 【PREP法】についてお話します。 ★当てはまる人は要注意! 「つまり何が言いたいの?」「結論から言って」「根拠は?」「整理してから話して」などと言われた経験があれば、ぜ

こんにちは、リアルナです。 年々関心が高まっている『健康経営』。 2週にわたり、当社が7月7日にリリースした新サービス、 健康経営サポートシステム『My ケンタス』についてお伝えしてきました。 導入前のオリエンテーションから、 実際の健康施策の運用・プログラム終了時の振り返りまでまるっとお任せ! 健康経営ご担当者の手を煩わせることなく、健康戦略の成果を上げることが可能です。 そんな、従業員様の“ケ

こんにちは、リアルナです。 前回に引き続き、当社が7月7日にリリースした新サービス、 健康経営サポートシステム『My ケンタス』についてお伝えします。 今回は、総務部や健康経営ご担当者の方必見!4つのポイントの後半2つのご紹介です。 ■健康経営サポートシステム『My ケンタス』とは? 「従業員様の健康づくり、健康意識の向上」をテーマとした 健康経営サポートシステムです。 専属の管理栄養士&パーソナ