検索
  • realna

PM理論③~P機能の鍛え方~

こんにちは、リアルナです。 特別連載でお送りしている「PM理論」。

今週はP機能にフォーカスを当ててお伝えします。


≪P機能(マネジメント目標達成能力)の鍛え方≫ 目標達成を実現するためには、

【目標設定】【行動を継続】【行動の振返り】という3つのプロセスが必要です。


【目標設定】 ・無理なく達成できる目標か ・本当に達成しなければならない目標か ・達成した際に、どのようなメリットがあるのか。

負担のかかり過ぎる目標設定は、挫折につながります。

目標設定において大切なことは、最終的な目標・ゴールを、

継続できる行動へと落とし込むことです。


【行動を継続】

目標を設定したら、あらゆるリソースを注いで行動を継続します。

行動を妨げるような障害が起こっても、立ち止まらないことが大切です。

なお、行動を継続することが困難となるケースにはいくつかの要因があります。

例えば、目標設定が適切ではない場合です。

その際は、行動そのものや行動計画を振り返ることが必要です。


【行動の振返り】

行動を着実に継続するためには、行動の振返りが欠かせません。

1週間に1回、あるいは10日に1回というように、

定期的な行動の振返りを行なってください。

障害を洗い出し、解決策を行動へとフィードバックすることで、

目標の実現に近づくことができます。


≪目標達成を妨げる4つの行為≫

■過去に失敗した方法を取ってしまう 人間は、自分の経験を基準として行動する習性があります。

過去に失敗した方法を選択しないように、

現在と過去の行動を常に比較することを意識しましょう。

■行動の停滞をネガティブに捉えてしまう 新たなことを行なう際は、停滞や障害は付き物です。

障害に出くわしたとしてもネガティブに捉えず、

「それが当たり前のことだ」とポジティブに考えましょう。

■目標を周囲に隠す 設定した目標は、家族や同僚など周囲の人に伝えることをおすすめします。

自分の目標を周囲の人に話すことで責任感が生まれ、

目標を達成しやすい環境を作ることが可能です。

■周囲の助けを拒絶してしまう 目標達成に向けて行動している間は、積極的に周囲の援助を受けましょう。

特に成功者のアドバイスは有益な情報が多いため、

自分の行動に取り入れることで成功率が上がります。


いかがだったでしょうか? これは自身のP機能の強化はもちろんのこと、

部下の目標達成能力を育てるにも有用な方法です。


リアルナではお客様が属する業界に即した、

体験型の研修カリキュラムの立案を行なっています。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論(PM理論)を、連載でお伝えしております。 突然ですがリーダーって何でしょうか?組織のまとめ役を便宜上“リーダー”と呼称し、 社員一人ひとりが“リーダーシップ”を持っていればどうなるのでしょうか。 リーダーシップに必要な要素は、「仕事」「責任」「信頼」。才能ではなく、 仕事として責任を持って組織をけん引することです。 リーダーにな

こんにちは、リアルナです。 先週から公開している特別連載「PM理論」今週も引き続きお伝えしていきます。 まずは画像2枚目の図をご覧ください。この図にあてはめ、マッピングしていきます。 ◆P機能(Performance function:目標達成機能) ◆M機能(Maintenance function:集団維持機能) 【どんな時に『PM理論』を活用するのか】 ■ “リーダー候補者の強み・弱み”を整

こんにちは、リアルナです。 組織・管理職・チーム・リーダー……組織やグループをひとつにする “まとめ役”は必要不可欠なのは周知の事実。社歴を積めばリーダーになれるのか? 答えは明らかです。今回から連載で“リーダー”についてお話しします。 リーダーシップ行動理論の代名詞と言えば「PM理論」。 社会人であれば一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論のひ