top of page

VUCA時代〜人材教育の在り方〜


こんにちは、リアルナです。


これまで2度にわたり「VUCAの時代」についてお伝えしてきました。

VUCAの時代に求められるのは、 どんなスキルを持った人材なのか。今回は、“人材教育”に関する考察です。


■求められる4つのスキル

【スキル1】

意思決定の速さ・迅速な対応 経済動向が目まぐるしく変わるVUCAの時代において、計画を立てて会議で上役の承認を 待っているようでは、ビジネスチャンスを逃してしまいます。そこで求められるのが、意思決定の 速さ・迅速な対応です。普段から情報にアンテナを張り、的確な判断を迅速に行なえる態勢を 整えておきましょう。

【スキル2】

臨機応変さ VUCAの時代は「計画通りに物事が進まない」が、もはや前提です。日頃から、想定される リスクを事前に把握した上でその軽減策を考える「リスクマネジメント」を意識的に行い 臨機応変さを養いましょう。

【スキル3】

多様性を受け入れるコミュニケーション力前回、VUCAの時代を生き抜く術が、“多様な人材を集めること”というお話しをしました 。もちろん変化に強いというメリットもありますが、多様さがゆえ人間関係のトラブルが発生する という可能性も秘めています。チームや組織において、恐怖や不安を感じることなく自分の意見を 伝えられる状態である「心理的安全性」の担保を各々が意識することで、冷静にトラブルを解決・ 回避へと導きましょう。

【スキル4】

問題解決力誰も明確な答えを知らないなか、必要となるのが、最もよい答えを導き出す問題解決力です。 多角的な視点から物事を判断するチカラや、問題の本質を見極め分析するチカラを養い、 将来起こり得る変化に対してその対応策を考える“シナリオプランニング”能力を鍛えておきましょう。


■人材育成のあり方

・体験型の研修

これまではOFFJTやOJTが一般的でしたが、ハッキリとした正解のないVUCAの時代では 画一的なマニュアル研修は命取り。自分で考えた行動を要する“体験型”の研修で、自発的・ 自律的に行動できる人材を育成する必要があります。

・自発的な学びの支援

自己啓発本やセミナー・講習会への参加も良いですが、VUCAの時代を生き抜く優秀な人材を育成するためには、生涯にわたって教育と就労のサイクルを繰り返す「リカレント教育」の実現を図るとよいでしょう。


新入社員だから、キャリアが浅いから…ではなく、最初から将来のリーダー候補としてVUCAの 時代に対応したスキルを習得することが、結果的に“変化”に対応できる強靭な組織を作る一番 の近道なのではないでしょうか。

Comentarios


健康経営サポート・人財育成のお問い合わせはこちら

06-4390-7188

営業時間 平日9:00~18:00

bottom of page