検索
  • realna

メンタルタフネスの鍛え方10選(前編)

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか?

暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、

体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。


今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。

日本人はストレスに弱いのではなく、

抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。

ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

自分に自身がなくなり、周りからの評価やプレッシャーが更に

大きなストレスとなってしまうのです。

日本には“言霊”という考え方がありますが、

まさにその通りで否定的な言葉を使わず、

肯定的な表現するだけで「非常に前向きに考える」状態を作り出すことができます。

一種のマインドコントロールですね。

最初は違和感があるかもしれませんが、習慣化すれば『メンタルタフネス』を

身に付けたも同然! まずは自分の否定的な表現をポジティブな表現に

言い換えることから始めましょう。


≪メンタルタフネスの鍛え方10選≫


【1】1日15分その日を振り返る

今日は何ができたか、明日は何を目標にしたいのかを考える時間ができます。

目標に向かって何をするべきかが具体的に見え、

自分自身のモチベーション維持にも役立ちます。


【2】週にひとつ何かにチャレンジ

あえて嫌いなことや苦手なことに向き合えば、自身を見つめ直す機会になります。

失敗を恐れて避け続けるのはやめて、新たな挑戦心を持ち、

自分の限界を超えてみましょう。


【3】感謝の気持ちを3つ書き出す

最近の研究では、感謝の気持ちを持つことで、睡眠の質が上がったり、

ストレスが軽減される、という結果も得られています。

たった数分で、メンタル強化に効果的でしょう。


【4】健康を重んじる

身体の健康は、心の健康です。よく眠り、適度に運動し、

バランスの取れた食生活を心がけてください。

精神的に安定することを目標に身体をケアしてあげましょう。

【5】自分にも優しく

厳しすぎる自己批判は、自分の気持ちを抑え込むだけです。

親友に語りかけるように、自身へ投げかける言葉も慎重に選ぶようにしましょう。

それが行動や気持ちに大きく影響します。


長くなるので、今回は『メンタルタフネスの鍛え方10選』のうち

5つをご紹介しました。続きはまた次回に。

騙されたと思って、無理やりにでもポジティブシンキングで

自身を鼓舞してみてください。きっと良い変化が訪れるはずです。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

体験型の研修カリキュラムの立案を行なっています。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の

こんにちは、リアルナです。 前回はEQとはなんぞや?というお話しをしましたが、 今回は『どうすればEQを鍛えられるのか』というお話しをします。 ≪EQトレーニング前の大前提≫ ■EQ検査から自分の感情の使い方を知る 検査をすると自分のどの部分を 向上すれば良いのか明確に理解できます。 自分を客観的に見られる材料になるため、まずは、 ご自身のEQスコアがいかほどか?をまず調べてみましょう。 ネット検