検索
  • realna

メンタルタフネスの鍛え方10選(後編)

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか?

そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、

そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。

『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。


■自分の気持ちに正直になる

自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が

できなくなっていませんか?感情は行動や決断に大きな影響を与えます。

自分の感情をきちんと自覚し、それが自分自身にどのような影響を

与えているのかを知ることが重要です。


■「夢」を「目標」に

「いつか本を書きたい」「いつか起業したい」と思っているだけでは、

「いつか」は永遠に訪れません。「夢」を「目標」に変え、

実現までの具体的な計画を立てましょう。

数年での実現は難しくても、実現に至るまでの過程を調べたり、

勉強をすることは今すぐできます。


■大切な人と過ごす時間を大切にする

仕事に追われている時こそ、大切な人たちと過ごす時間を持つことで、

かえって精神が安定します。自己犠牲は、疲労と虚無感を増殖させるだけです。

『大切な人と過ごす時間』もタスクに組み込み、その優先順位を上げましょう。


■自分の価値観を信じる

時間とエネルギーを何に注ぐのかは千差万別。正しいも間違いもありません。

大切なのは、自分が“何に時間とエネルギーを注ぎたいのか”を知っておくことです。

自分が本当に大切にしたいもの=自分の価値観。確固とした「自分の価値観」は、

メンタルを強くするために必要不可欠です。


■身体に悪いことを1つやめてみる

頑張って努力して何か身体にいいことを始めるよりも、

染み付いてしまった習慣をやめるほうが簡単で効果的です。

「野菜を毎日食べる」という目標を立てるよりも、

「ジャンクフードをやめる」という目標にしたほうが、

「できなかった」という罪悪感を持つことなく、

楽にライフスタイルを変えることができるでしょう。


いかがだったでしょうか?今仕事をしている上で、自分自身を大事にできていますか?

仕事というのは人生を豊かにする手段のひとつであり、

人生を犠牲にする存在ではありません。 仕事で手を抜いたり、

サボることを推奨しているのではありません。あなた自身のやりたいこと、

あなたの大切な人との時間は、“仕事”と同列のプライオリティであることを、

心に留めていただければと思います。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

体験型の研修カリキュラムの立案を行なっています。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論(PM理論)を、連載でお伝えしております。 突然ですがリーダーって何でしょうか?組織のまとめ役を便宜上“リーダー”と呼称し、 社員一人ひとりが“リーダーシップ”を持っていればどうなるのでしょうか。 リーダーシップに必要な要素は、「仕事」「責任」「信頼」。才能ではなく、 仕事として責任を持って組織をけん引することです。 リーダーにな

こんにちは、リアルナです。 特別連載でお送りしている「PM理論」。 今週はP機能にフォーカスを当ててお伝えします。 ≪P機能(マネジメント目標達成能力)の鍛え方≫ 目標達成を実現するためには、 【目標設定】【行動を継続】【行動の振返り】という3つのプロセスが必要です。 【目標設定】 ・無理なく達成できる目標か ・本当に達成しなければならない目標か ・達成した際に、どのようなメリットがあるのか

こんにちは、リアルナです。 先週から公開している特別連載「PM理論」今週も引き続きお伝えしていきます。 まずは画像2枚目の図をご覧ください。この図にあてはめ、マッピングしていきます。 ◆P機能(Performance function:目標達成機能) ◆M機能(Maintenance function:集団維持機能) 【どんな時に『PM理論』を活用するのか】 ■ “リーダー候補者の強み・弱み”を整