検索
  • realna

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。


今回は今、ビジネスシーンで重要視されている

『確・連・報』(カクレンボウ)

についてお伝えします。

言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。


カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。

部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。


「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。


■自立した人材育成

分からないことがあれば“上司に相談”⇒解決!で完結してしまうと、

仕事はスムーズに進んでいるように見えますが、

一人ひとりの“考えるチカラ”は全く育ちません。

限られた人員で最大のパフォーマンスを発揮するためには、

個々のスキルアップが不可欠。自立した人材を育てるためにも、

報連相の「相談」よりも確連報の「確認」が推奨されてきています。


■“確連報”しやすい環境

日頃から意識的にコミュニケーションを取っていることが大前提!

最初は上手に“確認”ができないかもしれませんが、

しっかりと部下の話を聞く、相手が話しやすい傾聴姿勢を取るなど、

“確連報”しやすい環境づくりが重要です。


加えて……

◆的を得ていなくても最後まで話を聞く

⇒相槌をうったり、うなづく仕草があると、

相手は話を聞いてもらえていると感じて安心できます。

意識的に反応を示して話を聞きましょう。


◆言葉につまったら、上司から質問をする

⇒質問をされることによって、部下は相手がどんな情報を知りたがっているのかを

理解することができます。

自分の口でアウトプットすることで、整理されるのです。


◆結論を先に言わない

⇒「確認」の内容が承認できない場合は、

自主性を育てるためフィードバックを繰り返し、

より良い方法が導き出せるようにアドバイスしましょう。

まず最初は、上司に何かを相談する際に、

自分なりの考えを添えてもらう所からスタートしましょう。

最初は時間がかかるかもしれませんが、

将来的には『自己完結率アップからの業務効率化』

『自立した人材多数によるパフォーマンスの向上』など大きな成果が見込めます。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

社員研修やビジネスマナー等の研修カリキュラムの立案を行ないます。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

VUCA(ブーカ)時代

こんにちは、リアルナです。 新型コロナウィルスの影響で、ビジネス環境や市場・組織・個人など あらゆるものを取り巻く環境は一転。 将来の予測が困難になっている状況が続いています。 この状況のことをビジネス用語では「VUCA(ブーカ)」 と言い、現在注目されています。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性

打率ではなく打数!

こんにちは、リアルナです。 突然ですが、上司に「やってみないか?」「任せてもいいか?」 と声をかけられた時。あなたならどう返答しますか? 研修医にバチスタ手術!みたいな無茶な話ではなく、通常業務の延長線上での話です。 「まだ経験が浅いから、もっとキャリアを積んでから請けよう」 「業務が立て込んでいるから、余裕ができてから請けよう」 なんてことを言っていたら、一生経験は浅いままですし、業務に余

デキル人の!インプットとアウトプット

こんにちは、リアルナです。 学生時代は個人の裁量で インプットしテストや受験等でアウトプットすれば良かったのが、 ビジネス社会では 『多くの人に考えを伝え、正しく理解してもらい“動いて”もらうこと』 が必要になります。 営業シーンでの提案やプレゼン、そのための資料作り、 社内外の人とのメール1つもアウトプットです。 あなたのアウトプットがビジネスの成長や成果に直結するため、 その重要性が注視されて