検索
  • realna

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。


今回は今、ビジネスシーンで重要視されている

『確・連・報』(カクレンボウ)

についてお伝えします。

言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。


カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。

部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。


「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。


■自立した人材育成

分からないことがあれば“上司に相談”⇒解決!で完結してしまうと、

仕事はスムーズに進んでいるように見えますが、

一人ひとりの“考えるチカラ”は全く育ちません。

限られた人員で最大のパフォーマンスを発揮するためには、

個々のスキルアップが不可欠。自立した人材を育てるためにも、

報連相の「相談」よりも確連報の「確認」が推奨されてきています。


■“確連報”しやすい環境

日頃から意識的にコミュニケーションを取っていることが大前提!

最初は上手に“確認”ができないかもしれませんが、

しっかりと部下の話を聞く、相手が話しやすい傾聴姿勢を取るなど、

“確連報”しやすい環境づくりが重要です。


加えて……

◆的を得ていなくても最後まで話を聞く

⇒相槌をうったり、うなづく仕草があると、

相手は話を聞いてもらえていると感じて安心できます。

意識的に反応を示して話を聞きましょう。


◆言葉につまったら、上司から質問をする

⇒質問をされることによって、部下は相手がどんな情報を知りたがっているのかを

理解することができます。

自分の口でアウトプットすることで、整理されるのです。


◆結論を先に言わない

⇒「確認」の内容が承認できない場合は、

自主性を育てるためフィードバックを繰り返し、

より良い方法が導き出せるようにアドバイスしましょう。

まず最初は、上司に何かを相談する際に、

自分なりの考えを添えてもらう所からスタートしましょう。

最初は時間がかかるかもしれませんが、

将来的には『自己完結率アップからの業務効率化』

『自立した人材多数によるパフォーマンスの向上』など大きな成果が見込めます。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、

社員研修やビジネスマナー等の研修カリキュラムの立案を行ないます。

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 リーダーが取るべき行動に着目した行動理論(PM理論)を、連載でお伝えしております。 突然ですがリーダーって何でしょうか?組織のまとめ役を便宜上“リーダー”と呼称し、 社員一人ひとりが“リーダーシップ”を持っていればどうなるのでしょうか。 リーダーシップに必要な要素は、「仕事」「責任」「信頼」。才能ではなく、 仕事として責任を持って組織をけん引することです。 リーダーにな

こんにちは、リアルナです。 特別連載でお送りしている「PM理論」。 今週はP機能にフォーカスを当ててお伝えします。 ≪P機能(マネジメント目標達成能力)の鍛え方≫ 目標達成を実現するためには、 【目標設定】【行動を継続】【行動の振返り】という3つのプロセスが必要です。 【目標設定】 ・無理なく達成できる目標か ・本当に達成しなければならない目標か ・達成した際に、どのようなメリットがあるのか

こんにちは、リアルナです。 先週から公開している特別連載「PM理論」今週も引き続きお伝えしていきます。 まずは画像2枚目の図をご覧ください。この図にあてはめ、マッピングしていきます。 ◆P機能(Performance function:目標達成機能) ◆M機能(Maintenance function:集団維持機能) 【どんな時に『PM理論』を活用するのか】 ■ “リーダー候補者の強み・弱み”を整