検索
  • realna

雑談力の鍛え方

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く、『リモート トラスト』略して“リモトラ”。

会議や面接・商談など本題の内容はもちろんですが、

実は本題の前後に行なわれる“雑談”がリモトラの構築に一役買っているのを御存知ですか。


本日はそんな、『雑談力』についてお話させていただきます。


そもそも雑談とは、

「特にテーマや着地点を設けず、途中で途切れてもいい自由で気楽な会話」を指します。

ですが、たかが雑談、されど雑談!相手との接点が生まれたり、相手への関心を示せたり、距離を縮められたり。雑談がきっかけで仕事に繋がったり、重要な情報を得られると言ったことも少なくありません。


雑談に苦手意識がある方、ご安心ください。

ポイントを意識して会話すれば、自然と心地よい雑談ができるようになりますよ。

『雑談力』は鍛えられるのです。


■共通点&相違点を見出す

オープンになっている相手の情報があれば、目を通しておきましょう。同じ誕生日や同じ

趣味だと分かると、急に親しみを感じることはありませんか。反対に、相違点も話を盛り上げる良いきっかけになります。無理して共通点探さなくてもOK!相違点の場合は、興味関心をもって質問してみましょう。


■情報収集

旬な話題は盛り上がります。新聞やWebニュースなどでの情報収集は欠かせません。


■雑学力

雑学が多い程、相手の興味にリーチできる確率が上がります。例えば、歴史の話や音楽、

釣り、ゴルフ……など。造詣が深くなくとも知識が少しあるだけで、会話が弾みます。


■質問力

これまでの会話の中から、相手が話したいであろうことを質問しましょう。「○○に興味があるので教えてください」といった質問もGOOD!


■褒める

人間、褒められると心地よさを感じるものです。持ち物や考え方、何でも良いので

具体的に褒めると良いでしょう。


上記の5つのポイントを押さえるだけで、随分と雑談が上手になります。後は、話しすぎない!議論しない!あくまでも雑談で、本題の前座ですから。雑談が盛り上がると、自然とその後の本題もスムーズに進みます。この人おもしろいな……、○○の分野に強いって言っていたな……と、記憶に残れば大成功!雑談で、信頼関係を築き人脈を構築することができるのです。


ひとつ覚えておいて欲しいのが、「雑談をしない方が良いこともある」ということ。

忙しい方、結論を急ぐタイプの方に、雑談は好まれません。

最初の30秒で相手のタイプをしっかりと見極めましょう。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、各種研修カリキュラムの立案が可能です。全てのビジネススキルには、ポイントとテクニックがあります。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、リアルナです。 5月も半ば、みなさん国民病とも言われているアレ、患っていませんか? そう5月病ですね。精神的なストレスが引き金になるのですが、 そんな時こそ『メンタルタフネス』の出番です。 『メンタルタフネスの鍛え方10選』の残り5選を、お伝えしていきます。 ■自分の気持ちに正直になる 自制心から「悲しい」「怖い」「辛い」といったストレートな表現が できなくなっていませんか?感情は行動

こんにちは、リアルナです。 GWがお仕事だった方も、お休みだった方も、いかがお過ごしですか? 暑かったり、寒かったり、大雨が降ったり……季節の変わり目、 体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。 今日お話するのは、『メンタルタフネス』について。 日本人はストレスに弱いのではなく、 抱え込んでしまう人が多いなぁと常々思っていて。 ストレス耐性が低いと、自分を否定してしまう傾向があると言われています。

こんにちは、リアルナです。 連載でお伝えしている「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」。 いよいよ具体的にEQを高める方法をお伝えしていきます。 まずは、EQが高い人の特徴=理想像を把握しましょう。 あなたは当てはまっているでしょうか? ■EQが高い人の特徴 「上手に言葉を選ぶ」「気遣いができる」「聴く力が高い」「相談しやすい」 「相手を尊重している」「自分の