検索
  • realna

雑談力の鍛え方

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く、『リモート トラスト』略して“リモトラ”。

会議や面接・商談など本題の内容はもちろんですが、

実は本題の前後に行なわれる“雑談”がリモトラの構築に一役買っているのを御存知ですか。


本日はそんな、『雑談力』についてお話させていただきます。


そもそも雑談とは、

「特にテーマや着地点を設けず、途中で途切れてもいい自由で気楽な会話」を指します。

ですが、たかが雑談、されど雑談!相手との接点が生まれたり、相手への関心を示せたり、距離を縮められたり。雑談がきっかけで仕事に繋がったり、重要な情報を得られると言ったことも少なくありません。


雑談に苦手意識がある方、ご安心ください。

ポイントを意識して会話すれば、自然と心地よい雑談ができるようになりますよ。

『雑談力』は鍛えられるのです。


■共通点&相違点を見出す

オープンになっている相手の情報があれば、目を通しておきましょう。同じ誕生日や同じ

趣味だと分かると、急に親しみを感じることはありませんか。反対に、相違点も話を盛り上げる良いきっかけになります。無理して共通点探さなくてもOK!相違点の場合は、興味関心をもって質問してみましょう。


■情報収集

旬な話題は盛り上がります。新聞やWebニュースなどでの情報収集は欠かせません。


■雑学力

雑学が多い程、相手の興味にリーチできる確率が上がります。例えば、歴史の話や音楽、

釣り、ゴルフ……など。造詣が深くなくとも知識が少しあるだけで、会話が弾みます。


■質問力

これまでの会話の中から、相手が話したいであろうことを質問しましょう。「○○に興味があるので教えてください」といった質問もGOOD!


■褒める

人間、褒められると心地よさを感じるものです。持ち物や考え方、何でも良いので

具体的に褒めると良いでしょう。


上記の5つのポイントを押さえるだけで、随分と雑談が上手になります。後は、話しすぎない!議論しない!あくまでも雑談で、本題の前座ですから。雑談が盛り上がると、自然とその後の本題もスムーズに進みます。この人おもしろいな……、○○の分野に強いって言っていたな……と、記憶に残れば大成功!雑談で、信頼関係を築き人脈を構築することができるのです。


ひとつ覚えておいて欲しいのが、「雑談をしない方が良いこともある」ということ。

忙しい方、結論を急ぐタイプの方に、雑談は好まれません。

最初の30秒で相手のタイプをしっかりと見極めましょう。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、各種研修カリキュラムの立案が可能です。全てのビジネススキルには、ポイントとテクニックがあります。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンラインコミュニケーションのコツ5選!

こんにちは、リアルナです。 昨年から爆発的に広がった、在宅勤務やテレワークといったリモートワーク。 東京都が昨年発表した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、 従業員30名以上の都内企業において、60%近くが導入しているそうです。 コロナ禍からウィズコロナ時代へ移行しても、 Web環境さえあれば場所を選ばず仕事ができるオンラインワークはなくなることはなく、 一般化していくことが予想されます。

リモトラ~新入社員研修~

こんにちは、リアルナです。 2020年初頭から世界中を震撼させている新型コロナ。 日本においても、“緊急事態宣言”と“まん延防止等重点措置”を繰り返し、 『ウィズコロナ』を視野に入れざるを得ない状況にあります。 ウィズコロナ時代の新しい日常「ニューノーマル」は、 オンラインを活用したリモートワークが主流に。 一般的なビジネスマナーに加え“オンラインでの立居振舞”の習得が、 新入社員に求められるよう

今注目!ビジネススキル 確連報(カクレンボウ)

こんにちは、リアルナです。 今回は今、ビジネスシーンで重要視されている 『確・連・報』(カクレンボウ) についてお伝えします。 言葉だけは聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんね。 カクレンボウは、確認・連絡・報告の略称。 部下が自主的に考え、上司に確認するコミュニケーション方法として注目されています。 「相談」が「確認」となっている点が、ホウレンソウとの違いです。 ■自立した人材育成 分か