検索
  • realna

雑談力の鍛え方

こんにちは、リアルナです。


リモートワークで対面同様の関係性を築く、『リモート トラスト』略して“リモトラ”。

会議や面接・商談など本題の内容はもちろんですが、

実は本題の前後に行なわれる“雑談”がリモトラの構築に一役買っているのを御存知ですか。


本日はそんな、『雑談力』についてお話させていただきます。


そもそも雑談とは、

「特にテーマや着地点を設けず、途中で途切れてもいい自由で気楽な会話」を指します。

ですが、たかが雑談、されど雑談!相手との接点が生まれたり、相手への関心を示せたり、距離を縮められたり。雑談がきっかけで仕事に繋がったり、重要な情報を得られると言ったことも少なくありません。


雑談に苦手意識がある方、ご安心ください。

ポイントを意識して会話すれば、自然と心地よい雑談ができるようになりますよ。

『雑談力』は鍛えられるのです。


■共通点&相違点を見出す

オープンになっている相手の情報があれば、目を通しておきましょう。同じ誕生日や同じ

趣味だと分かると、急に親しみを感じることはありませんか。反対に、相違点も話を盛り上げる良いきっかけになります。無理して共通点探さなくてもOK!相違点の場合は、興味関心をもって質問してみましょう。


■情報収集

旬な話題は盛り上がります。新聞やWebニュースなどでの情報収集は欠かせません。


■雑学力

雑学が多い程、相手の興味にリーチできる確率が上がります。例えば、歴史の話や音楽、

釣り、ゴルフ……など。造詣が深くなくとも知識が少しあるだけで、会話が弾みます。


■質問力

これまでの会話の中から、相手が話したいであろうことを質問しましょう。「○○に興味があるので教えてください」といった質問もGOOD!


■褒める

人間、褒められると心地よさを感じるものです。持ち物や考え方、何でも良いので

具体的に褒めると良いでしょう。


上記の5つのポイントを押さえるだけで、随分と雑談が上手になります。後は、話しすぎない!議論しない!あくまでも雑談で、本題の前座ですから。雑談が盛り上がると、自然とその後の本題もスムーズに進みます。この人おもしろいな……、○○の分野に強いって言っていたな……と、記憶に残れば大成功!雑談で、信頼関係を築き人脈を構築することができるのです。


ひとつ覚えておいて欲しいのが、「雑談をしない方が良いこともある」ということ。

忙しい方、結論を急ぐタイプの方に、雑談は好まれません。

最初の30秒で相手のタイプをしっかりと見極めましょう。


リアルナではお客様が従事している業界や職種に合わせて、各種研修カリキュラムの立案が可能です。全てのビジネススキルには、ポイントとテクニックがあります。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アクティブリスニング(後編)

こんにちは、リアルナです。 深い関係性を構築するコミュニケーション手法のひとつ、アクティブリスニング。 今回は、より細分化したお話をさせていただきます。 アクティブリスニングには 「バーバル・コミュニケーション」「ノンバ—バル・コミュニケーション」 の2種類があります。 バーバル・コミュニケーションというのが、 “言葉”のやりとりによって相手の話を聞く、言語的コミュニケーション。 ノンバ—バル・コ

アクティブリスニング(前編)

こんにちは、リアルナです。 同じ悩みを複数の人に相談した時、 会話を終えた後“スッキリ”解決感のある時と“モヤモヤ”と腑に落ちない時が あるのはどうしてでしょう。 もちろん相談した人の人生経験やキャリアの違いもあるかもしれませんが、 実はもっと別の場所に理由があります。 「アクティブリスニング」という言葉を耳にしたことがありますか? 日本語にすると「積極的傾聴」。 カウンセリングにも使われるコミュ

タイムマネジメント

こんにちは、リアルナです。 「頼んだ(頼まれた)仕事が、直前になって出来ていない!」なんて、経験ありませんか?ビジネスにおいて“約束”の反故は、一瞬で信頼を失ういわばレッドカード。 そんなことにならないよう、 本日はタイムマネジメントについてお話しさせていただきます。 そもそも、タイムマネジメントとは。直訳すれば“時間管理”ですが、 ビジネスにおいては 『成果を上げるための仕事に注力できるよう自分